うちは「おひとりさま家庭」なので

私しか家にはいないのですが、

どうにも家の掃除が面倒くさくて「やる気のスイッチ」が入るまで時間がかかる・・・。

 

そんな私でしたが、最近3つのことを止めてみたところ、

家の掃除が驚くほど楽になりました。

 

今回は、私が「掃除時間を短縮するために、やめた3つのこと」について

ご紹介していきたいと思います。

 

掃除時間を短縮するために「やめること3つ」とは?

 

その1:カーペットを敷くこと

うちの床は、元々フローリングだけだったのですが、
それだと座ったときに冷たいので、

フローリングの上に、さらにカーペットを敷いていました。

 

しかし最近、長年敷いていたためか、
カーペットの劣化が目立つようになり、

質感も何だかバリバリしている感じに。

 

なので、思い切って捨てることにしたのです。

 

ここで「新しいものを買おうか?」とも考えたのですが、
試しにカーペット無しの生活をしてみることに。

 

そしたら、汚れたときには

「拭き掃除だけで済む」ため、非常に楽だということに気がついたのです!

 

フローリングワイパーを使えば、

いつでも気軽に掃除ができるので、

以前よりも掃除する頻度が増えたというのも大きな収穫でした。

 

ちなみに、フローリングワイパーと一緒に

フローリング用コロコロも併用すれば、さらにキレイになるのでオススメですよ♪

 

いつも座ったり寝ころんだりする場所には
「丸洗い可能な小さいマット」を敷くことにしたので、汚れたら洗濯機で洗っています。

おかげで、掃除機を使わなくても
部屋の床をキレイに保つことができるようになりました。

 

その2:お風呂のフタ

うちでは、ほとんど毎日お風呂のお湯をためるので、
浴槽とフタをその都度掃除するのですが、
いつも浴槽の中を洗うときにフタを除けなければならず、その手間が面倒に感じていました。

そのうえ、お風呂のフタは汚れやすく、ちょっと油断するとすぐにカビが生えてきたりするんですよね。

だから浴槽とフタの両方をしっかり掃除するよう心掛けていたのですが、あるとき「そういえば、お風呂のフタってそんなに必要じゃないのでは?」と思い、これも使うのを止めてみることに。

フタの代用品として、大型のゴミ袋を水面に浮かべてお湯が冷めにくいようにしてみました。

そうすると、掃除が楽になったうえ、フタを掃除している時に使っていたカビ取りもほとんど使用しなくて済むようになったので、洗剤代の節約にもなり一石二鳥に!

お風呂掃除が面倒に感じたら、まずはお風呂のフタを止めることをオススメします。

 

その3:便座カバー

3つ目に止めたことは、トイレの便座カバー。

座ったときに便座が冷たくないという利点があるので使っていたのですが、汚れる度に替えて洗濯するのが面倒になったのです。

そこで、取り外してみたところ、拭き取るだけで掃除が完了するため本当に楽になりました。

確かに、座ったときヒヤっとするのは否めませんが、それでも毎回キレイにできているし、清潔感があるのは良いですよね。

カバーを購入する代金も節約できて一石二鳥となりました。