あれもこれも欲しがると不幸になる理由【幸せは取捨選択から始まる】

私が、38年間の人生の中で分かったこと。

 

それは、

「あれもこれも欲しがっている人は、不幸になる傾向がある」

ということです。

 

では、どうして

あれもこれも欲張って手に入れようとすると

不幸になってしまうのか?

 

ここでは、その理由について

詳しく書いていきたいと思います。

 

人間誰もが「欲」を持っている

 

・「お金持ちになりたい」

・「健康になりたい」

・「大きな家に住みたい」

・「美味しいものが食べたい」

・「かわいい子どもが欲しい」

 

このように、人間には

様々な「欲」というものがあります。

 

「欲を持つこと」に関しては、

人間誰にだってあることなので、

別に悪いことではありませんし、

それだけで不幸にはなりません。

 

問題は、その「欲」の持ち方。

 

欲の持ち方が間違っていると、

悲しいことに人間は、不幸を生み出してしまうのです!

 

人間を不幸にする、間違った「欲」の持ち方とは?

 

人生を不幸にしてしまう

間違った「欲」の持ち方には、

大きく分けると

 

 

1:「人生にとって有害な欲」を持つこと

 

2:複数の「同時に満たすことが不可能な欲」を持つこと

 

これら2つのパターンがあります。

 

 

1番のパターンは、主に犯罪など

「その欲を満たすことで、身を破滅させてしまう」という内容の欲を持つことであり、

ほとんどの人はそれを「良心」で抑制することができるため、このパターンには当てはまりません。

 

問題は、2番のパターン。

複数の「同時に満たすことが不可能な欲」を持つことにあります。

 

「同時に満たすことが不可能な欲」が、なぜ人間を不幸にするのか?

 

これは極端な例になりますが、

例えば、現在の日本で

「警察官になりたい」という欲と

「社長になりたい」という欲を

両方とも持っている20歳の若者がいるとします。

 

 

このとき「警察官になる」という欲と

「社長になる」という欲、

これら2つは同時に満たすことが不可能です。

 

なぜなら、警察官という職業は

法律により副業が禁止されているため、

警察官と社長、どちらになるかを選択しなければならないのです。

 

しかし、ここで若者が

「警察官と社長、どちらにもなりたいから両方やっちゃえ!」

と思い、むりやり両方の欲を満たしてしまった場合はどうなるでしょうか?

 

 

その場合は、もちろんですが

警察官の「副業禁止事項」に抵触するため、

彼は処罰されることになりますね。

 

つまり、これら2つの欲を

自分の置かれている環境を無視して

むりやり両立させてしまったがために

彼自身は不幸になってしまうのです!

 

どちらか1つ、

諦めなければいけなかったのに、

彼はそれをしなかった。

 

だから不幸な結末を招いてしまった、

ただそれだけのことです。

 

 

今の日本に多い不幸のパターンとは?

 

さっきの若者の例よりも

より一般的な話になりますが、

例えば「(今はお金がないけど)もっと収入が欲しい」という欲と

「子どもが欲しい」という欲、

これら2つの欲を持っている夫婦がいるとします。

 

現在、この夫婦の収入は、

自分たち2人が暮らしていくので精一杯の金額。

 

子どもを育てていくためには、

決して余裕のある金額ではありませんし、

蓄えているお金(預貯金)もなし。

 

 

それなのに、現在のおかれている環境を無視して

「もっと収入を得たい」という欲と

「子どもが欲しい」という欲を

同時に満たそうとしたら一体どうなるのか?というと、

自分たちだけではなく、

子どもまで不幸にしてしまうので大変なことになります!

 

「もっと収入を得たい」という親の欲を満たすには、

当然ですが働く時間も長時間になる訳で、

家を空けている時間が長くなりますよね?

 

その間、子どもと一緒にいられないですし、

子どもの様子を十分に気にかけてあげられません。

 

ここぞという必要な時期に、

親と十分に接する時間を与えられなかった子どもは、

心に不安や寂しさを抱えることが多くなります。

 

それに、大人になっても、

よくその気持ちを思い出してしまいます。

 

本当に私、愛されているんだろうか?と

疑問に思うことだってあるのです。

 

(過去に私がそういう子どもだったので、よく分かります)

 

それに、長時間働いていると

常に時間に追い立てられて

日々の生活に「心の余裕」が無くなってきます。

 

そうすると、子どもの言動にイライラして

ささいな所で怒ってしまったり、

子どもの前で「うちにはお金がない」などと

マイナスな言葉を発するようになります。

 

そんな親の言動は、

子どもにとって百害あって一利なし!

 

親が発する悪い言葉やイライラした態度は、

確実に子どもに伝わっていますよ!

 

 

こういった「子どもの不幸」の原因は、

親がしっかり計画を立てず

「(今はお金がないけど)もっと収入が欲しい」という欲と

「子どもが欲しい」という欲を

むりやり両立させてしまった、ただそれだけのこと。

 

順番を考えれば、

「もっと収入が欲しい」という欲から満たしていき、

それが満たされるまでは、

「子どもが欲しい」という欲は満たすべきではなかったのに・・・。

 

 

幸せな人生は取捨選択から!

 

幸せな人生にするには、やはり

「何を選択し、何を諦めるかを決めること」は非常に重要です。

 

先述した若者の例や、夫婦の例のように

「何もかも欲しがり、強引に満たそうとした」ために

それらを手に入れた時に不幸が起こってしまう、

そんな例をたくさん見てきました。

 

だから、幸せになるためには

たくさんの自分の欲の中から

 

「自分の人生にとって、どの欲が最も重要なのか」

 

これを見極め、欲の取捨選択を行い、

優先順位の高い欲から

順番に満たしていくという戦略が必要なのだと私は考えています。

 

 

欲張って同時に

複数の欲を満たそうとするから、

それにより悲劇が起こり、不幸になる。

 

 

 

 

しかし、順番をしっかり考え、

1つ1つ満たしていけば

欲による悲劇を防ぐことができるし、

欲によって不幸になることはないのです。