一般的な「幸せな人生のテンプレート」を捨てるべき理由について

幸せな人生とは、

一流大学を卒業し、一流企業に就職し、

結婚して子どもを持ち、

車を買って家族旅行に出かけ、マイホームを建てる。。。

 

そして老後は、家族に囲まれて穏やかに暮らす。。。

 

もし、これが「幸せな人生のテンプレート」とされているなら、

そんなテンプレート、さっさと捨ててしまった方が良いですよ!

 

社会に教えられた「幸せな人生のテンプレート」

日本の高度経済成長期に確立し、

それが「目指すべき一般的な幸せ像」として

社会に広まった、幸せのテンプレート。

 

一生懸命に勉強し、

誰もが名前を知る一流大学に進学して、

その後は「一流」と呼ばれる企業に就職。

 

企業で働いてお金を稼ぎながら、

適齢期と呼ばれる年齢になったら結婚し、

配偶者と新しい家庭を築く。

 

そして子どもをもち、

マイカーを買って、家を建てる。

 

あとは、子どもが独立したら

老後は悠々自適に暮らし、

何かあったら子どもに面倒を見てもらう・・・。

 

こんな形の人生が「幸せな人生」として

私たちは幼い頃から

親や教師をはじめ「社会に生きる大人たち」に教えられてきました。

 

そして、私たちは、

「これが幸せな人生なのだ」と

疑うことなく、受け入れてきました。

 

 

しかし、ある時気が付いたのです!

 

このテンプレートには

「重大な欠陥」があるということを・・・。

 

「幸せな人生のテンプレート」の重大な欠陥とは?

 

私達が大人たちから教えられた

幸せな人生のテンプレート

 

幸せな人生とは、

一流大学を卒業し、一流企業に就職し、結婚して子どもを持ち、車を買って家族旅行に出かけ、マイホームを建てる。。。

そして老後は、家族に囲まれて穏やかに暮らす。。。

 

これの最大の欠陥は何か?というと、

ズバリ「達成するには、失敗や例外が一度たりとも許されない」というところなのです!

 

例えば、自分の生まれ育った家庭に

経済力がなく、大学に行く選択をできなかったり、

一流大学に入学できなかった場合は、

このテンプレートの通りに人生を歩むことはできません。

 

例え一流大学に入れても、

卒業後に一流企業へ就職できなかったり、

フリーターやニートになったとしても

このテンプレートに当てはまらないことになりますよね?

 

 

また、運よく一流企業に就職できても、

結婚できなかったり、子どもに恵まれなければ

それでもダメだということになりますよね?

 

もしかすると、老後になってから

家族と疎遠になってしまうかもしれません。

そうなった場合もダメだということになりますよね?

 

 

そもそも、人間の人生というものは

「失敗しないことなんてあり得ない」ですし、

「例外なんて、起こって当たり前」ですから

何もかも計画通りにはいきません。

 

それなのに、

「一度も失敗しないことを前提とする幸せ」とか

「例外が起こらないことを前提とする幸せ」を

追求するためのテンプレートなんて、意味があるのでしょうか?

 

 

そんなものを押し付けられても、

大多数の人がその通りに出来ないことは目に見えていますから、

「一般的な幸せな人生のテンプレート」は、

もはや「幸せな人生のテンプレートとして機能していない、

意味のないもの」に成り下がっている、そう言えるのです。

 

幸せのテンプレートは、今すぐ捨てるべき!

 

一般的な幸せのテンプレートに欠陥があると分かった今、

私たちが幸せになるためにすべき選択は1つ。

 

そう、こんな幸せのテンプレートなど

「今すぐ捨てる」という選択をすれば良いのです!

 

ここで、ちょっと考えてみて欲しいのですが、

あなたの幸せって、本当に

一流大学を卒業し、一流企業に進むことでしょうか?

 

結婚して子どもを持つことが

本当にあなたの幸せなのでしょうか?

 

 

家や車を所持することが

本当にあなたの幸せなのでしょうか?

 

 

実際は、周りの人から

「それが幸せなんだ」と言われていたから、

自分でも「そうなのかも知れない」と

単に思い込んでいただけではないのでしょうか?

 

 

幸せは、10人いれば10通り、

100人いれば100通りのパターンがあり

人によって異なるのは自然なこと。

 

 

 

それなのに、幸せのテンプレートに当てはめて

「その通りだから幸せな人生」

「その通りに出来なかったから不幸せ」

なんて思うのは、ちょっと違うのではないでしょうか?

 

 

人生は、社会が作った「一般的な幸せのテンプレート」の

流れ通りに行かなくて当たり前。

 

 

そんなテンプレートは、もう必要ない!

 

あなたには、あなた自身の「幸せの形」があって良いのです。