まずは10日間!がに股の改善3ステップで痩せやすい体を作ろう

がに股を改善する方法3ステップ ダイエット体験談

男性に多い【がに股】ですが、これを女性がやってしまっては厳禁。

なぜなら、がに股になると、見た目が不格好になるのに加え、腰から下がずんぐりした「太りやすい体質」になってしまうからです!

また、ダイエット以外に、美しい立ち振る舞いをするためにも、がに股は百害あって一利なし!

ここでは、がに股を短期間でかつ簡単に改善するための3ステップについてご紹介していきます。

がに股になる原因とは?

そもそも、なぜ「がに股歩き」になってしまうのか?

がに股歩きになってしまう大きな原因は、

「脚の筋肉の付き方」のバランスが崩れていること。

主に「太もも外側」と「太もも内側」の

筋肉の付きかたがアンバランスになってしまっているのです。

人間は、歩く時と走る時とでは

脚の筋肉の使い方が異なり、

歩くときには「脚の外側の筋肉」、

走るときには「脚の内側の筋肉」を重点的に使っています。

日常生活では、歩く機会の方が

走る機会よりも多いため、太ももの外側の筋肉は維持できても、

太ももの内側の筋肉は、意識して運動させない限り

衰えやすくなっています。

そして、太ももの内側の筋肉が衰えていくと、

太もも全体の筋肉が外へ外へと引っ張られ、

骨も外側へ少しずつ変形していき、

「がに股」になってしまうのです!

「最近のダイエット事情」と「がに股歩き」の関係

がに股歩きは、太もも内側の筋肉が衰えていく

中年以降に多いと思われがちですが、実際そうではありません。

最近は、年齢が若い女性の間でも、

がに股歩きになっている人が増えています。

「それって、がに股ではなくO脚なんじゃないの?」

と思われがちですが、

実は彼女たちの脚の筋肉は、

若くしてすでに衰えているために

がに股になってしまっているのです!

その原因は、悲しいことに

「脚を細く見せたい」という美意識によるもの。

つまり、脚に不要な筋肉をつけないように

脚の筋肉を強くするトレーニングを避けた結果、

脚の筋肉がしっかり発達せず、

とくに内側の筋肉が衰えて「がに股歩き」になってしまっているのです。

脚のダイエットは結構ですが、

ほどよく筋肉をつけるようにも注意するべきですね。

まずは10日間!簡単に出来る【がに股改善法3ステップ】

ここで、私が試して効果のあった

「がに股改善法」を1つずつご紹介していきます♪

がに股改善ステップ1【ペットボトルばさみ】

やり方は、とっても簡単♪

椅子に座り、両太ももの間に
「空のペットボトル(2リットル用)」をはさみます。

コツは、内ももでペットボトルをつぶすように挟むこと。

ペットボトルがカチカチとつぶれる音がしたら、もどします。

これを10回程繰り返して1セットとし、
1日2回やってみてください。

ペットボトルの音が気になる方は、
15~20㎝のゴムボールでも代用できますよ。

がに股改善ステップ2【膝バスタオル法】

2つ目のステップは、名付けて「膝バスタオル法」!

まずは立って両膝の間に、折ったバスタオルを挟みます。

そして、タオルを挟んだまま、
膝の曲げ伸ばしを10回程繰り返します。

この時、両足のつま先が離れないよう、
しっかりつけておくことが重要なので、
ここはしっかり意識しましょう。

これは10回を1セットとし、1日2~3回行うと効果的ですよ。

がに股改善ステップその3【膝の裏ストレッチ】

3つ目のステップは、名付けて「膝の裏ストレッチ」。

まず、椅子を用意し、片方のかかとを乗せます。

次に、椅子に乗せた足とは反対側の手を、
椅子にのせた足の膝におきます。

そして、そのまま体を前に倒して10秒程静止。

もう片方の足も同じように繰り返して5回ずつ行います。

これは1度やるだけでも、
結構筋肉に良い刺激が実感できるので特にオススメ。

私も、1日あたり2セット実践したところ、
太ももの内側の筋肉がしっかり鍛えられたようで、
歩いた時の「脚のシルエット」が少しずつキレイになっていき、
以前の印象と比べ、かなり変わってきたように感じています。

がに股の改善は1日にしてならず!

以上、がに股の改善法について
3つのステップをご紹介してきましたが、
何よりも大切なのは「続けること」

人間の体というものは、私達が思うよりも柔軟なので、
「現在がに股だからと言って全く改善されない」ということはありません。

少しずつ、継続的にアプローチしていけば、
ガンコながに股も、徐々に理想的な脚の形に近付いていきます。

もし、がに股が改善されたら、
お気に入りのハイヒールなどを履いて、美しい姿勢で街を歩いてみて下さい。

きっと自分に惚れ惚れしますよ♪

まずは10日間、ぜひ実践してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました