結婚するのは誰のため?婚活する前に考えるべき「たった1つのこと」

私はもうすぐ40歳になるのですが、

仕事関係でよく「婚活をしている人」と出会ったりします。

 

 

「婚活=結婚するための活動」は、

今やそれほど珍しいことではないのかもしれません。

 

しかし、婚活について

よくよく考えてみると

「なんか変じゃない?」と疑問に感じることがあったので、

今回は、そのことについてお話したいと思います。

 

「適齢期だから結婚する」って変じゃない?

 

婚活をしている人を見ていて

私が疑問に感じたことは、

「この年齢になったから、そろそろ婚活しなきゃ」

などというように、

年齢による、結婚への強迫観念がものすごく強いという点。

 

昔の日本には、女性は15歳になったら

本人が嫌だと思っていても

無理やりお嫁に行かされたという時代もあったそうですね。

 

でも、現在の日本は、年齢に関係なく

「本人がしたいと思った時」に結婚できる時代ですし、

もし嫌であれば「結婚しない」という選択肢も取れるようになりました。

 

それなのに、適齢期になったからといって

「どうしても結婚しなければならない」と思い込んでいる人の多いこと!

 

これは日本人特有のものなのかもしれませんが、

周りに同調するような国民性というのがあり、

「周りの人が次々と結婚し始める年齢に、自分も結婚しなければならない」

みたいな風潮があるんですよね。

 

それに加えて、

「この歳までに結婚していなければ、子どもは望めないよ」

とか、

「この歳までに結婚していなければ負け組」

などといった世間的な圧力もあって、

年齢による強迫観念がさらに強まっていく・・・。

 

そんなことに追い立てられながら

「無理にでも相手を見つけようとするための婚活」をして

果たして幸せな結婚に辿り着けるのでしょうか?

 

 

私は、こんな婚活をしていても

幸せな結婚などできないと思いますけどね。

 

自分の人生なのに、

どうして世間一般的な圧力からくる強迫観念の方を

大事にしなければならないのでしょう?

 

 

もし、結婚生活が上手くいかなかった場合は、

世間が責任を取るのではなく、

自分自身が責任を取ることになるのですから、

そんなことに左右されて結婚するのは、本当に無意味なことです。

 

「親のために結婚する」って変じゃない?

婚活中の人の話を聞いていて、

もう1つ、疑問に思ったことは、

婚活している人の中には

「結婚して、親を安心させよう」というような

親のために結婚しようと思っている人が一定数存在することです。

 

確かに、彼ら・彼女らには

「親孝行したい」

「親が安心している姿を見たい」

そんな気持ちがあるのだということは分かります。

 

 

しかし、例え親孝行という意思が

背景にあったとしても、

自分のためではなく「親のために結婚する」というのは、

いかがなものか?と私は思うのです。

 

 

だって、親のために結婚したって、

仮に結婚生活が上手くいかず、

離婚することになったら

その責任は誰が背負うのでしょうか?

 

その責任は、他でもない「自分自身」が背負う事になるんです!

 

 

どうせ自分自身で責任を背負うことになるなら、

親のために、無理やり婚活して、

大して好きでもない人と結婚するよりかは、

自分の好きなタイミングで、

自分の好きな人と結婚した方が1万倍もマシだと思いませんか?

 

 

そうすれば、もし結婚に失敗したって

「自分で選んだ結婚だから」と納得できますよね?

 

 

人間は弱い生き物ですから、

もし親のために結婚したら、

失敗したときに「親のせいだ」と責任転嫁したり、

恨みに思ったりしてしまうのは目に見えています。

 

そんなことになったら、

親孝行どころか、親不孝になってしまうから

「親のために結婚」なんてことだけは絶対にやめるべきです。

 

 

婚活する前に考えるべき「たった1つのこと」

もし、年齢で焦って婚活しているか、

親が「結婚しろ」とうるさいから婚活しているとしたら、

ちょっと立ち止まって、このことを深く考えてみてほしい。

 

「私は、本当に結婚したいのか?」

 

ということを。

 

もし、よくよく考えてみて

 

「既婚者という立場になりたいだけ」

「結婚式というイベントを経験したいだけ」

「誰かに養ってもらいたいだけ」

「単に子どもを育ててみたいだけ」

 

このような理由から

「結婚すべきだと思い込んでいるだけ」なのだとしたら、

婚活なんて止めてしまった方が賢明です。

 

なぜなら、そこには肝心な

「相手への愛情」がないのですから。

 

一生一緒にいたい人ができたら結婚すれば良い。

 

そうでなければ、無理して結婚しなくても良し!

 

その結婚の責任を取るのは、

他の誰でもない「自分自身」なのだから、

周りの圧力なんか気にせず、自分で決めて良し!

 

周りに同調して焦ったり、不幸になるのは、

もうやめましょう!