【07028292143】からの電話は、FX自動売買ツールの営業です。

07028292143【070-2829-2143】からの着信は、FX投資関連ツールを販売の営業電話となります。
ここでは、上記の電話番号情報とFX投資営業の電話対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【07028292143】の電話番号情報と用件の概要について


07028292143【070-2829-2143】の電話番号に関する情報

業者名
「トラスト」と名乗る
電話番号
07028292143【070-2829-2143】
用件の概要
「FXの自動売買ツールのモニターをしませんか?」等といったFX投資関連の営業
最近は、今回の電話のような携帯電話番号からの営業電話が増えています。
着信履歴に残っていた時は、FX投資にものすごく興味がある場合でなければ、時間を割いてまでコールバックする必要はないかと思われます。


FX投資関連の営業電話の特徴について

電話の対応法について

FX投資関連の商品やサービスを販売しようとする営業電話の特徴としては、電話口で「FX自動売買ツールの無料モニター」に関する話をしてくるといった点です。
「無料モニターを募集しています」もしくは「無料モニターに当選しました」と電話を掛けてくる業者が多くなっています。
ただし、いくら自動売買だからと言っても、基礎知識なしにFX投資に手を出してしまうのは投資ではなく「運頼み」となってしまうため、あまりお勧めできません。
まずはFX投資に関する基本的な事項を学んでから、信用できるツールなのかよく吟味し、挑戦されることをオススメします。


FX投資関連の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

FX投資関連業者から営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


誤解を与える営業「基本料金がなくなる」に注意!


最近、通信回線業者の電話営業で問題になっているのが、「基本料金がなくなるご案内」といった事実とは異なる営業文句を使っている業者の存在です。
通信回線を契約していれば、使っているかどうかに関わらず毎月一定の基本料金が取られる訳ですが、それが無くなるかのような説明をし、消費者に誤解を与える営業を行っている電話営業のアポインターがいるので注意が必要です。
確かに、回線の乗換を行えば、現在契約している回線会社(仮にA社とする)を解約することになるため、それ以降のA社の基本料金は無くなります。
しかし回線の乗換後は、乗換先の新しい回線業者(仮にB社とする)の基本料金が今後は掛かってくることになるため、「電話の基本料金がなくなる」というのは消費者に誤解を与える説明となり不適切です。
こういった誤解を与える表現を使い、回線の乗換をすすめてくる営業電話にはくれぐれもお気を付け下さい。


通信回線営業の電話対応法 まとめ

電話やインターネットなど通信回線に関する乗換営業の電話が掛かって来た際、仮に興味がない場合は対応しても時間の無駄になってしまいます。
いきなり電話を掛けてきて「回線料金がお安くなります」と誘われても、詳しい情報がよく分からない状態ですし、何より比較検討する十分な時間もない中、話に乗って易々と実施するにはリスクがありすぎる案件です。
ですので、少しでも不安に思っていたり興味がない・必要がないと思った場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。



タイトルとURLをコピーしました