【0120630636】からの着信は、ソフトバンクを名乗る営業電話です。

0120630636【0120-630-636】からの着信は、通信回線業者からの営業電話となります。
ここでは、上記の電話番号情報と通信回線営業の電話対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0120630636】の通信回線営業の電話番号情報について


通信回線営業【0120-630-636】の電話番号に関する情報

業者名
「ソフトバンク株式会社」と名乗る
電話番号
0120630636【0120-630-636】
用件の概要
「お得なサービスのご案内」などといった回線に関する営業
0120から始まるフリーダイヤルから掛かってきているため、こちらから掛け直しても通話料が発生しませんが、単なる営業電話のために時間を割いてまでコールバックする必要はないかと思われます。
不在着信の履歴に残っていた場合は、時間的コストを考えて冷静に判断すると良いでしょう。


通信回線営業の電話対応法で大切なことは?

電話の対応法について

突然掛かって来た通信回線の乗換営業の電話を受けた際、対処法として最も大切なのは、担当者に「興味のある・なしを明確に伝えること」です。
もし、回線の乗換を考えていないのに相槌を打ってしまうと、契約の見込みがあると思われる可能性があります。
それだと営業担当者にも私達にも双方の時間の無駄になってしまうため「YESかNOか意思をはっきり伝える」ことを心掛けましょう。
また、お断りした場合は今後の事も考え、次回から電話を掛けて来ないで欲しい旨とリストから削除して欲しい旨(再勧誘の禁止について)を併せて伝えておくということも忘れずに行っておくのがオススメです。


通信回線業者の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

通信回線業者から営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は代理店なのにもかかわらず「NTTです」「ソフトバンクです」「KDDIです」と名乗るだけで正式な代理店名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


誤解を与える営業「基本料金がなくなる」に注意!


最近、通信回線業者の電話営業で問題になっているのが、「基本料金がなくなるご案内」といった事実とは異なる営業文句を使っている業者の存在です。
通信回線を契約していれば、使っているかどうかに関わらず毎月一定の基本料金が取られる訳ですが、それが無くなるかのような説明をし、消費者に誤解を与える営業を行っている電話営業のアポインターがいるので注意が必要です。
確かに、回線の乗換を行えば、現在契約している回線会社(仮にA社とする)を解約することになるため、それ以降のA社の基本料金は無くなります。
しかし回線の乗換後は、乗換先の新しい回線業者(仮にB社とする)の基本料金が今後は掛かってくることになるため、「電話の基本料金がなくなる」というのは消費者に誤解を与える説明となり不適切です。
こういった誤解を与える表現を使い、回線の乗換をすすめてくる営業電話にはくれぐれもお気を付け下さい。


通信回線営業の電話対応法 まとめ

電話やインターネットなど通信回線に関する乗換営業の電話が掛かって来た際、仮に興味がない場合は対応しても時間の無駄になってしまいます。
いきなり電話を掛けてきて「回線料金がお安くなります」と誘われても、詳しい情報がよく分からない状態ですし、何より比較検討する十分な時間もない中、話に乗って易々と実施するにはリスクがありすぎる案件です。
ですので、少しでも不安に思っていたり興味がない・必要がないと思った場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。



タイトルとURLをコピーしました