【08000804366】は、ウィンドウズのサポートを騙る詐欺なので注意!

08000804366【0800-080-4366】の電話番号が表示されたパソコンの警告画面が表示された場合は、電話をかけないよう注意してください!
ここでは、上記の電話番号情報とその対処法についてお伝えしていきます。


【08000804366】は、ウィンドウズのサポートを騙る電話番号です。


この電話番号0800-080-4366が表示された不審な警告画面は、パソコンウィルス感染を装いコールバックさせるパソコンサポート詐欺業者が使用している電話番号となるため注意が必要です。
この不審な警告画面は、パソコンを操作していると突然けたたましい警告音とともに表示され「ウィルスに感染している恐れがあります」という内容の文言と「解決のためのサポート窓口の電話番号に連絡してください」といった案内がされますが、これは高額のウィルス対策ソフトやサポートサービスを売りつけようとしている口実なので鵜呑みにしてはいけません。
もし、上記と同じような警告画面が表示された場合は、パソコンを強制終了させると解決するようなので、困ったときは試してみてください。


パソコンサポート詐欺の手口について


一般的に、パソコンのウィルス感染を装う詐欺の手口はこうです。
まず、パソコンの画面に警告表示が現れ、突然サイレンのようなアラーム音が鳴ります。
その時の画面には「パソコンがウィルス感染している可能性がある」などといった内容の文言と「解決のためのサポート窓口の電話番号(偽物)」が記載され、今すぐ電話を掛けるよう誘導してくるのです。
偽物のサポート窓口に電話をかけると、片言の日本語を喋る外国人オペレーターが電話に出て「パソコンのトラブルを解決するためのサポートを行います」などと言って電話口でパソコンの遠隔操作ができるソフトをインストールするよう指示し、インストール後はパソコンを遠隔操作し、その流れで高額のウィルス対策ソフトウエアを契約させようとしてきます。
つまり、この詐欺の目的は「高額のウィルス対策ソフトウェアを売りつけること」なのです!
このように、パソコンウィルス感染詐欺は「偽のウィルス感染」をでっち上げて人の心理を不安にさせ、そこにつけ込み高額商品を売りつけようとする極めて悪質な手口となっていますので、それに騙されないよう知識として覚えておきましょう。


ウィルス感染を装う偽のサポート窓口の弱点とは?


このようにウィルス感染を装い、パソコンに警告画面を表示させることで消費者に不安を与える手法を使う「偽のサポート窓口」ですが、こういった業者にも弱点が存在するので、それについてご紹介したいと思います。
偽のサポート窓口では、こちらの不安を煽って数万円のウィルス対策ソフトを買わせようと誘導してきますが、購入させる際には「相手のクレジットカード情報」を聞いて決済しようとしてくるため、そもそもクレジットカードを所持していない場合は決済処理ができないといった弱点があります。
もしかすると、今後アマゾンギフト券などの電子マネーにも対応してくる可能性も考えられますが、今のところはクレジットカード情報を教えなければ決済できないようです。これも詐欺を回避するための豆知識として覚えておくと良いかと思われます。


ウィルス感染を装うパソコンサポート詐欺 まとめ

残念ながら、今回のパソコンサポート窓口を装う業者のように、消費者の不安を煽って高額商品を売りつけるといった悪質な営業手法は昔から存在し、今も無くならずに続けられています。
しかし、このような業者の使っている詐欺手口を事前に知っておけば、被害を回避することも十分可能になっています。
詐欺業者というものは意外と身近に潜んでいますし、「無知であるが為に被害に遭ってしまう」というケースも多いため、やはり詐欺被害対策の第一歩としては「詐欺に関する知識を得ること」が大切になってきます。
あなたの大切なお金を悪質な業者の手に渡すことの無いよう、今回ご紹介した豆知識について詐欺被害回避のためにぜひお役立てください。




タイトルとURLをコピーしました