【0120540592】からの着信は、ウォーターサーバー営業の番号です。

0120540592【0120-540-592】からの着信は、ウォーターサーバーの営業電話となります。
ここでは、上記の電話番号に関する情報をはじめ、営業電話が掛かってきた時の対処法について詳しくお伝えしていきます。


【0120540592】からのウォーターサーバー営業の電話番号情報について


ウォーターサーバー営業【0120-540-592】の電話番号に関する情報

業者名不明
電話番号0120540592【0120-540-592】
用件の概要賃貸契約に付随するウォーターサーバーの勧誘
0120から始まるフリーダイヤルの番号は回線契約者が料金負担するシステムのため、電話を受けても掛け直しても料金が発生しませんが、そもそもウォーターサーバーの設置に興味が無い場合は、時間を割いてまでコールバックする必要はないかと思われます。
不在着信の履歴に残っていた場合は、時間的コストを考えて冷静に判断すると良いでしょう。


現在のウォーターサーバー営業の特徴について

電話の対応法について

ウォーターサーバーの営業を目的とした電話の多くは、インターネット回線の契約や賃貸契約、電化製品の買い物など他のサービスを申し込んだ際に記入した電話番号に対して営業をかけてくるといった特徴があります。
恐らく、単独で営業電話を掛けるよりも、何か他のサービスを口実にして電話を掛けた方が受電してくれる確率が高まるだろうといった戦略なのかと思われます。
こういった「他のサービスとの抱き合わせ」のような感じで電話を掛けてくるため、自分の利用しているサービスの電話だと思って受話器を取ると、実はウォーターサーバーの営業だったと判明して拍子抜けしてしまう事も珍しくはありません。
中には、押しが強かったり勝手に話を進めてくるオペレーターもいるため、特にウォーターサーバーが必要ではない場合、その勢いに負けないようハッキリ「要りません」と断りましょう。


ウォーターサーバー営業の電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

ウォーターサーバー営業の電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


電話営業でウォーターサーバーを申し込むのはお得なのか?

ウォーターサーバーの電話営業では、よく「○○のサービスに申込んでくれた方の特典として、本体代を無料にします」などといった方法の勧誘をしていますが、結論から言いますと本体代無料という特典は、何も電話営業から申込まなくても適用してくれる所がたくさんあるため、それほどお得という訳ではありません。
例えば、大型ショッピングモールや電気屋さん、イベント会場などでウォーターサーバーの営業担当が実演やを行っていることがありますが、そこでも「本体代金が無料」ということを全面に押し出してる場合が多々あり、今やそれがスタンダードになりつつあります。
そのため、これ以上に価値のある特典を付けてくれる場合で無ければ、あまり魅力的とは言えないでしょう。
ウォーターサーバーの申込を考えている場合は、特典の面についても考慮に入れることをお勧めします。


ウォーターサーバー営業の電話対応 まとめ

インターネット光回線など回線の乗換をすすめてくる営業電話は、仮に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
いきなり電話を掛けてきて説明されても、他のサービスと比較検討する十分な時間もないですし、違約金が掛かる可能性もあるため安易に話に乗ってしまうのはリスクがあります。
そのため、少しでも不安に感じた点がある場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが双方にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。



タイトルとURLをコピーしました