【0120469116】キャッシュレス決済関連の着信【0120-469-116】

電話の着信と対応方法
ここでは、電話番号0120469116【0120-469-116】に関する着信情報と、電話の対応方法について詳しくお伝えしています。


0120469116【0120-469-116】の電話番号情報と着信の概要について


電話番号0120469116【0120-469-116】に関する情報一覧

※以下の情報は、時間が経過して電話番号の持ち主が変更されている場合や、業種・着信内容等が変更されている場合がございます。 また、実在する会社や団体等の名称を名乗っていても、当該電話番号とは関連のない可能性もございます。
これらの事を予めご了承のうえ、情報をご参照ください。
発信元の電話番号
0120469116【0120-469-116】
電話番号の種類
フリーダイヤル(0120)
割当地域
フリーダイヤルのため不明
着信の概要について
d払い決済の導入をすすめるキャッシュレス決済に関する電話

0120469116【0120-469-116】は、キャッシュレス関連業者からの着信

電話番号0120469116【0120-469-116】は、現時点で「キャッシュレス決済関連の取扱業者」からの着信となります。
フリーダイヤル「0120」から始まる番号のため、着信側が料金を支払う仕組みの番号となっております。
もし着信があった場合は、契約中のキャッシュレス決済サービスの業者の番号と照合し、折返しの電話をかける必要があるのか判断すると良いでしょう。


商品・サービスを勧める電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

もし、電話が着信し「何らかの商品やサービスをすすめる内容の電話」であった場合、その電話は特定商取引法の第16条で決められている事項を守る必要があります。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
一般的な例を挙げると「業者名を名乗らず話の本題に入る場合」や「営業のために虚偽の屋号を名乗っている場合」は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
電話対応の際は、相手のアポインターが特商法第16条を守った電話のかけ方をしているのか注意を払っておくと良いでしょう。


0120469116【0120-469-116】の電話番号情報と着信の対処方法 まとめ

電話番号0120469116【0120-469-116】は、現時点でキャッシュレス決済関連の取扱業者による着信となっております。
もしキャッシュレス決済業者と取引中の場合は、心当たりの業者の電話番号と照合し、コールバックするかどうかの判断を行うのがオススメです。