0120047351【0120-047-351】世論調査アンケートの着信

世論調査・アンケート
ここでは、電話番号0120047351【0120-047-351】からの着信に関する情報と、電話が掛かってきた場合の対応方法について詳しくお伝えしています。


0120047351【0120-047-351】の電話番号情報と着信の概要について


電話番号0120047351【0120-047-351】の電話番号に関する情報一覧

業者名(調査元)
「朝日新聞 世論調査部」と名乗る
発信元の電話番号
0120047351【0120-047-351】
発信元と思われる地域
フリーダイヤルのため不明
着信の概要について
政治に関する世論調査アンケートに協力を依頼する電話

0120047351【0120-047-351】からの電話は、世論調査アンケートの着信

電話番号0120047351【0120-047-351】からの着信は「朝日新聞の世論調査部」と名乗る世論調査アンケートの電話となります。
今回のアンケート電話は調査元が明らかになっているため、時間があれば協力するという形で問題ないかと思われます。
不在着信に残っていた場合は、敢えてこちらからコールバックする必要はありません。
アンケートへの協力は任意ですので、自由に選択して構わないでしょう。


最近の世論調査アンケートに関する電話の特徴について


今回の着信のように「不特定多数に電話を掛けている世論調査アンケート」は、主にフリーダイヤル(0120・0800)の番号から掛かってくるケースが多いです。
アンケートを実施している企業側が大量に電話番号を契約しているため、同時期に似たような番号から集中して掛かってくることも多く、フタを開けてみると発信元が同じ業者だったということが多々あります。
また、もう1つ特筆すべき特徴としては、世論調査アンケートの大部分が自動音声ガイダンスによるものだという点です。
たまに人間のアポインターを使ったアンケート電話もありますが、それだと人件費が掛かってしまうため、ロボットコールを使ってコストを削減しているようです。
アンケート調査には膨大なデータが必要となるため、不特定多数に効率良く電話を掛けるために今後もロボットコールによる調査電話が増えていくだろうと予想されます。


世論調査アンケート電話の着信数が多い曜日・時間帯について

世論調査アンケートの電話は、平日に比べると土日や祝日など一般的に「休み」と認識されている日に着信することが多くなっています。
恐らく、平日よりも多数の人が自宅にいる確率が高くなっている休日に電話して、アンケートの受電率と回答確率をアップさせようという事なのでしょう。
時間帯については、午前中・午後まんべんなくという感じですが、午前中の比較的早い時間帯(9:00~11:00頃)に着信することが多々あり、「休みでゆっくり寝ていたのを起こされてしまった」といった意見も。
とくに「選挙が近い時期の土曜日の午前中」は世論調査アンケートが多く着信するため、電話の着信で睡眠を妨げられないよう、音量をオフにするなどといった対策が必要かと思われます。


世論調査アンケートとワン切り着信の関連性について


最近の世論調査アンケートに使用されている電話の中には「ワン切りの着信があった」という口コミ情報が散見される番号も増えており「なぜ世論調査アンケートの場合とワン切りの場合があるのか?」という疑問があったので、理由について調べてみました。
アンケートに使用される電話番号でワン切りがある理由については、主に「その電話番号が現在も使用されているかの確認するため」であり、恐らくですが先ずワン切り電話で架電することを確認し、架電確認が完了した電話番号リストに世論調査アンケートを実施している可能性が高いと考えられます。
ワン切りなのかアンケートなのか不在着信からは判断することが難しいため、留守番電話にメッセージが無ければコールバックしなくても構わないでしょう。


【まとめ】0120047351から着信があった場合の対応方法について

電話の対応法について

当該電話番号からの世論調査アンケート電話は、無作為に抽出した電話番号リストに大量発信しているものと思われるため、こちらからのコールバックは不要です。
なお、アンケートに協力するかの選択は個人の自由ですので「時間がない」「回答したくない」と感じた場合は、お断りしても構わないでしょう。