08005006627【0800-500-6627】不動産売買に関する着信

不動産投資
ここでは、電話番号08005006627【0800-500-6627】からの着信に関する情報と、電話が掛かってきた場合の対処方法について詳しくお伝えしています。


08005006627【0800-500-6627】の電話番号情報と着信の概要について

電話番号の着信情報について

電話番号08005006627【0800-500-6627】に関する情報一覧

電話番号
08005006627【0800-500-6627】
番号の種類
フリーダイヤル(0800)
発信元と思われる地域
フリーダイヤルのため不明
着信の内容
「手持ちの物件を売って欲しい」といった内容の不動産売買営業

08005006627【0800-500-6627】からの着信は、不動産売買の営業電話

電話の対応法について

電話番号08005006627からの着信は、不動産売買の営業電話となります。
所有している物件を売って欲しいといった内容の電話のため、現在取引中の不動産業者の番号に該当していなければコールバック不要です。
また、電話を取って「次回から案内不要」と感じた場合は、今後電話を掛けて来ないで欲しい旨とリストから削除して欲しい旨(再勧誘の禁止について)を併せて伝えておくのがオススメです。


不動産投資の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

不動産投資の営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容をよく聞いてみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった取り決めがされています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
特商法を遵守していない営業電話と判明した時点で「特商法で定められている項目がお話されていないので、お断りします」と言って切電することをお勧めします。


悪質な不動産投資業者による「なりすまし営業電話」について


電話で不動産営業を行っている業者の中には、自分の会社名や身分を詐称してコンタクトを取ろうとする「なりすまし営業」を行う悪質な業者も存在しており、それが迷惑行為として問題になってきています。
なりすまし営業を行う不動産業者は、一般的に高収入とされる医師や薬剤師などの職種や、収入が安定している公務員などにターゲットを絞って電話を掛けてくるといった特徴があります。
電話を繋いでもらおうと、病院など医療機関の受付担当者に対して「患者」や「出入りの業者」など偽の身分を名乗ってくるので非常に厄介です。
このような「なりすまし電話営業」は、身分の偽装と業務妨害という2点において極めて悪質な営業行為ですから、それが判明した段階で二度と受電しないよう着信拒否リストに入れてしまっても構わないかと思われます。
瞬時に判別するのは難しいかも知れませんが、このような電話のケースを部署間で情報共有しておくと良いでしょう。


【まとめ】08005006627から電話があった場合の対応方法について

もし、当該電話番号が現在取引中の不動産業者に該当しなければ、着信に対するコールバックは不要です。
また、今後同様の電話は不要であると判断した場合は、再勧誘の禁止について伝えておくと良いでしょう。