08001700146【0800-170-0146】集客・マーケティング関連営業

電話の着信情報
ここでは、電話番号08001700146【0800-170-0146】の着信に関する情報と、電話が掛かってきた時の対応方法について詳しくお伝えしています。


08001700146【0800-170-0146】の電話番号情報と着信の概要について

太陽光発電に関する電話番号情報

08001700146【0800-170-0146】の電話番号に関する情報一覧

発信元の電話番号
08001700146【0800-170-0146】
番号の種類
フリーダイヤル(0800)
発信元と思われる地域
フリーダイヤルのため不明
業者の名称(自称の場合を含む)
「ドコモとメルカリの提携」と名乗る
着信の内容について
オンライン集客に関する営業

08001700146【0800-170-0146】からの電話は、集客ツールに関する営業

電話の対応法について

電話番号08001700146【0800-170-0146】からの着信は、「ドコモとメルカリの提携」と名乗るオンライン集客に関する営業電話となります。
もし、当該番号が現在取引中の業者や契約中のサービスの番号に該当が無く、留守番電話に何も残されていない場合、着信に対するコールバックは不要です。
また、電話を取って対応し「今後同様の案内は不要」と感じた場合は、次回から電話を掛けて来ないで欲しい旨と勧誘リストから削除して欲しい旨(再勧誘の禁止について)を併せて伝えておくのがオススメです。


営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

商品の販売やサービスへの勧誘を目的とする「営業電話」が掛かってきた際には、特定商取引法の第16条に定められた事項が守られているかどうか注意深く聞いてみることをオススメします。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、業者名を名乗らない場合はもちろん、社名が「虚偽の社名」である場合も特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


オンライン集客で重要なポイント【業者に任せるべき?自分でやるべき?】


オンライン集客に関する重要なポイントは、何よりもまず「自分の提供しているサービスのメインとなる顧客層に届きやすい手段や媒体を使って集客すること」です。
確かに、多くの人の目に触れることが期待される媒体や手段を使って集客することは大切ですが、人の数だけが多くても肝心の「顧客層となるべき人」が殆どいないような場所に働きかけていたとすれば、新規顧客の増加は期待できないでしょう。
そのため、業者に任せればすべてOKという訳ではなく、ある程度は自分で「どの媒体や手段を使えば、顧客層となるべき人に届くだろうか?」といったリサーチを行い、その傾向を把握しておく必要があります。
ですので、流れとしては最初から業者任せにするのではなく、まずは自分で顧客層への効果的なアプローチの手段や媒体をある程度把握することに注力し、それが出来てから「信頼できる業者」に集客を任せるといった順番にするのがオススメです。


【まとめ】08001700146から着信があった場合の対応方法について

もし、当該番号が現在取引中の業者や契約中のサービスの中に該当が無く、留守番電話にもメッセージが無い場合は、営業電話と考えられるためコールバックの必要は無いでしょう。
また、直接対応し「今後このような案内は不要」と判断した場合は、再勧誘の禁止について伝えておくと良いでしょう。