08001112307【0800-111-2307】着物・振袖業者からの着信

通信販売営業
ここでは、電話番号08001112307【0800-111-2307】の着信に関する情報と、電話が掛かってきた時の対応方法について詳しくお伝えしています。


08001112307【0800-111-2307】の電話番号情報と着信の概要について

太陽光発電に関する電話番号情報

電話番号08001112307【0800-111-2307】の電話番号に関する情報一覧

発信元の電話番号
08001112307【0800-111-2307】
番号の種類
フリーダイヤル(0800)
発信元と思われる地域
フリーダイヤルのため不明
着信の内容について
成人式の振り袖に関する営業電話

08001112307【0800-111-2307】の電話は、着物業者による振袖の営業

電話の対応法について

電話番号08001112307【0800-111-2307】は、着物業者からの着信となります。
成人式の振袖営業といった内容のため、現在取引中の業者の番号に該当しなければ着信に対するコールバックは不要です。
また、直接電話で対応し「今後同様の案内は不要である」と判断した場合、電話番号リストから削除するよう「再勧誘の禁止」について伝えておくと良いでしょう。


営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

商品の販売やサービスへの勧誘を目的とする「営業電話」が掛かってきた際には、特定商取引法の第16条に定められた事項が守られているかどうか注意深く聞いてみることをオススメします。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、業者名を名乗らない場合はもちろん、社名が「虚偽の社名」である場合も特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


成人式の振袖は本当に「買わなくてはならないもの」なのか?

最近は少子化が進んでいるためか、成人式の振袖に関する営業電話が「その子が20歳になる2〜3年前から掛かってくる」というケースが多くなっているようで、よく高校生の子どもがいる母親たちから「うちの子はまだ高校生なのに、もう振袖の営業電話があった」という話が出てきます。
それだけ顧客となる子どもの数が減ったということでしょうが、ここで大切なのは「成人式の振袖は本当に買わなくてはならないものなのか?」という事です。
一般的に振袖は派手なデザインで、他に着回しするのには向かないため、成人式に一度着るか、もしくは写真撮影のために片手で数えるほどしか着ない可能性が高いものです。
また、中古で売るにしても、良くて2〜3万程度、悪ければ1万円未満で買い叩かれてしまうため、それほど高値では売れません。
それであれば、たった1日か数日のために購入するよりも、レンタルにしてコストパフォーマンスを良くし、その分を他のことに投資するという選択肢も考えるのも良いかと思われます。
いずれにせよ振袖は高額なお買い物ですので、よくよく考えたうえでの決断をオススメします。


【まとめ】08001112307から着信があった場合の対応方法について

当該電話番号からの着信は、商品営業といった緊急ではない用件の可能性が高いため、取引中の業者の番号でなければコールバックは不要です。
また、電話を取って直接対応し、今後キャンペーン案内は不要であると判断した場合は「再勧誘の禁止」について伝えておくと良いでしょう。