0120666154【0120-666-154】ドコモ光の代理店を名乗る

通信回線・インターネット関連
ここでは、電話番号0120666154【0120-666-154】からの着信に関する情報と、電話が掛かってきた場合の対応方法について詳しくお伝えしています。


0120666154【0120-666-154】の電話番号情報と着信の概要について


0120666154【0120-666-154】の電話番号に関する情報一覧

電話番号
0120666154【0120-666-154】
番号の種類
フリーダイヤル(0120)
発信元と思われる地域
フリーダイヤルのため不明
業者名
ドコモ光の代理店と名乗る
着信の概要
インターネット光回線のプロバイダ乗換を勧める営業電話

0120666154【0120-666-154】の電話は、ドコモ光の代理店を名乗るネット回線営業

電話番号0120666154【0120-666-154】からの着信は、ドコモ光の代理店を名乗るインターネット回線業者の営業電話となります。
光回線のプロバイダ乗換をすすめる営業となるため、契約中の回線業者に該当せず心当たりのある番号でなければコールバック不要です。
また、直接電話で対応し「今後の電話勧誘を差し控えてもらいたい」といった場合は、電話番号リストから削除するよう「再勧誘の禁止」について伝えておくのが良いでしょう。


通信回線業者の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

通信回線業者から営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、正式な代理店名を名乗っていない場合はもちろん、虚偽の社名を名乗っている場合も特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


【まとめ】0120666154から着信があった場合の対応方法について

電話の対応法について

もし、当該電話番号が現在契約中の回線業者の番号に該当していなければ、着信に対するコールバックは不要です。
また、直接電話に出て対応し「今後同様の案内は不要である」と判断した場合は、再勧誘の禁止について伝えておくと良いでしょう。