【08007002826】ストリートビュー関連営業【0800-700-2826】

電話番号08007002826【0800-700-2826】からの着信は「ストリートビューの無料撮影」と称する営業電話となります。
ここでは、08007002826の着信情報と電話が掛かってきた時の対処方法について詳しくお伝えしていきます。


【08007002826】の着信は、ストリートビュー無料撮影を称する営業


08007002826【0800-700-2826】の電話番号情報と着信の内容について

業者名不明
電話番号08007002826【0800-700-2826】
着信の内容について「店舗のストリートビュー撮影を無料で行います」といった営業電話

ストリートビューの無料撮影営業の目的とは?

電話の対応法について

ストリートビューの無料撮影について営業してくる電話は「ストリートビューの無料撮影を切り口として、本当の目的は電力の乗換など他のサービスの契約である」といったケースが多いです。
この場合、あくまでも「主体は他のサービスの契約であり、ストリートビュー撮影はその特典」といった位置づけになっていますので、もし実際に営業しようとしているサービスの説明が無ければ、特定商取引法の第16条に定められている電話営業のルールに反するものとなります。
そのため、単にストリートビューの無料撮影を謳い、本当に売ろうとしているサービスの件を隠すような場合は、すぐに電話を切ってしまって構わないでしょう。


ストリートビュー撮影営業と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

ストリートビューの撮影営業に関する電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は電力プランを販売しようとしているのに「ストリートビュー撮影を無料で行う件」などと言って本来販売しようとするサービスを電話口で伝えていない場合は、特商法第16条が守られていないため、その時は法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。



【結論】ストリートビュー撮影営業の対応方法について

ストリートビューの無料撮影営業は、電力サービスなど他のサービスの契約を引き換えに撮影を無料で行うといった内容の着信である可能性が極めて高くなっています。
もし、本当にストリートビューの写真撮影を考えている場合は、突然連絡してきた営業電話から長期的なサービスとセットで契約するよりも、始めから有料の専門業者に依頼して撮影した方が長い目で見ると費用がお得になる事も多いため、そういった点も総合的に考え判断することをオススメします。