【0368223649】家屋調査・住宅点検の営業【03-6822-3649】

電話番号0368223649【03-6822-3649】からの電話は、ドローンによる災害調査・住宅点検に関する着信となります。
ここでは、0368223649の着信内容や電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0368223649】は、ドローンを使った住宅点検の営業


0368223649【03-6822-3649】の電話番号情報と着信の内容について

業者名不明
電話番号0368223649【03-6822-3649】
着信の内容「ドローンを飛ばして屋根などに損傷がないか住宅点検を行います」といった内容の住宅点検営業。

ドローンを使った住宅点検営業が増えています!

電話の対応法について

「災害調査でドローン撮影をします」「住宅の損傷をドローンで点検します」等といった内容の電話は、電話口では説明こそしていませんが「災害保険を使った住宅修繕を促すリフォーム」を最終的にすすめようとして電話をかけている可能性が考えられます。
「もし災害保険を利用できるならば金銭的な負担が減って良いのでは?」と思われるかもしれませんが、リフォームの内容が必ずしも災害保険の対象となるかは分かりませんし、保険が下りるかどうかも保険会社の判断にゆだねられており、かなりの不確定要素があるため注意が必要です。
あまりにも行き過ぎた内容は「悪質な申請」と判断されてしまう可能性もあり、その時は住宅リフォームを促した会社ではなく、保険をかけている人が責められる形になりますので、こういった場合は安易に話に乗らず、よくお考えになった方がよろしいかと思われます。


営業電話の個人情報はどこで収集されているのか?


営業電話を掛ける時に使用される個人情報は、私達があまり意識していないだけで、実は様々な場面で収集されています。
例えば、カード会員を対象とした商品営業では、カードの契約の際、個人情報を関連企業の営業に使用する場合がありますという内容の項目に「同意」のチェックマークを付けてしまっている可能性があります。
また、ショッピングモールなどで実施されるキャンペーンのプレゼント応募や、商品アンケート等でも小さい文字で「記載された個人情報を関連会社で共有する」などといった内容が記載されていることがあり、それをあまり読まずに応募して、後日営業電話が掛かってきて「どこで情報が漏れたのだろう」と疑問に思われる方も多いようです。
営業電話を減らしたい場合は、何かを契約する際やキャンペーン応募などの際に「個人情報について書いてある項目」に目を光らせ、迂闊に同意してしまわないよう気を付けましょう。


【まとめ】0368223649から着信があった場合の対応方法について

営業電話と特定商取引法について

もし、当該電話番号が現在取引中の企業や契約中のサービスに該当せず、留守番電話にメッセージが何も残されていない場合、不在着信に対するコールバックは不要です。
また、電話をとって対応し「今後このような案内は不要である」と感じた場合は、電話番号リストから削除するよう「再勧誘の禁止」について伝えておくと良いでしょう。


【関連】ドローンによる屋根などの調査営業の類似事例について/h3>
【0120756158】ドローンを使った住宅点検の営業【0120-756-158】
電話番号0120756158【0120-756-158】からの電話は、ドローンによる災害調査・住宅点検に関する着信となります。 ここでは、0120756158の着信内容や電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。 【012...
今後の電話対応の際、参考情報としてお役立て頂けると幸いです。