【0120125237】火災保険の申請サポート営業【0120-125-237】

電話番号の着信情報について 保険
ここでは、電話番号0120125237【0120-125-237】の着信に関する情報と、電話が掛かってきた場合の対応方法について詳しくお伝えしています。


0120125237【0120-125-237】の電話番号情報と着信の概要について


0120125237【0120-125-237】の電話番号に関する情報一覧

業者名
社名不明
電話番号
0120125237【0120-125-237】
番号の種類
フリーダイヤル(0120)
発信元と思われる地域
フリーダイヤルのため不明
着信の内容について
火災保険を申請し、住宅修繕費に充てることを促すといった営業電話

0120125237【0120-125-237】は、火災保険の申請をすすめる営業電話

電話番号0120125237【0120-125-237】からの着信は、火災保険の申請をすすめる営業電話となります。
「火災保険を申請して住宅修繕費用に充てれば、少ない自己負担で修復できます」といった内容の営業ですが、その損傷具合が保険の対象となるかは現在契約している保険会社の判断によるため、現在契約している保険会社と関係のある番号でなければコールバックは不要です。
また、今後同様の電話をかけてきてほしくない場合は、電話番号リストからの削除(再勧誘の禁止)について伝えておくと良いでしょう。


商品・サービスの営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

商品やサービスの営業を目的とした電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、売ろうとする商品名だけを前面に押してきて業者名を名乗らない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


【まとめ】0120125237から電話があった時の対処方法について

電話の対応法について

もし、当該電話番号が契約中の保険会社など取引中の企業の電話番号に該当しない場合、留守番電話メッセージに何も残されていなければ不在着信に対するコールバックは不要です。
また、電話を取って対応した時「今後このような案内は不要である」と感じた場合は、電話番号リストからの削除を求めるなど相手に対して「再勧誘の禁止」について伝えておくのが良いでしょう。