【0120929831】光サポートセンターと名乗る【0120-929-831】

電話番号0120929831【0120-929-831】は、「光サポートセンター」と名乗る業者からの着信となります。
ここでは、0120929831の着信情報と電話が掛かって来た時の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0120929831】の電話は、光サポートセンターと名乗る業者の営業


0120929831【0120-929-831】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
「光サポートセンター」もしくは「ビッグローブ光」と名乗る。
正式業者名は不明
電話番号
0120929831【0120-929-831】
着信の内容
インターネット光回線の乗換営業。「ご利用の光回線が高速になります」等といった内容。

通信回線業者の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話が掛かってきたら、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際の決まりとして「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないとされています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、業者名を名乗らずに営業トークに入る場合や、正式な業者名を隠そうとする場合は、特商法第16条が遵守されていないことになりますので、それを理由にお断りして構わないかと思われます。


5G対応を口実としたモデムの変更営業が増えています

電話の対応法について

最近は5Gに関する話題についてテレビ等で取り上げらられているためか「5Gへの移行で速度が変更になるため、契約内容やモデム等を変更する必要がある」といった内容の営業電話が増えてきています。
総務省の名前を出して「変更しなければインターネットが利用できなくなる」といった流れで話をしてくる事もあるため、惑わされないよう注意しておきましょう。。
また、現在契約中の回線業者を騙り、契約名義人の個人情報を聞き出そうとする業者もいるため、それについても併せて注意が必要です。
もし、名前や住所などを聞かれて怪しいと思った場合は「そちらでデータを確認できると思うので、伝える必要はないですよね?」と返答し、口に出さないのが無難かと思われます。


【0120929831】から電話が掛かって来た場合の対処法について

電話の対応法について

もし、当該電話番号が現在契約中の回線業者の番号に該当せず、留守番電話に何もメッセージが残されていない場合は、不在着信に対して特にコールバックする必要は無いでしょう。
また、電話を取って対応し「今後このような案内は不要である」と判断した場合は、再勧誘の禁止について直接伝えておくと良いでしょう。


【関連】類似する着信事例について

【0120993556】は「光サポートセンター」と名乗る着信【0120-993-556】
電話番号0120993556【0120-993-556】は、「光サポートセンター」と名乗る業者からの着信となります。 ここでは、0120993556の着信情報と電話が掛かって来た時の対応方法について詳しくお伝えしていきます。 【...
今後の電話対応の際に、参考情報としてお役立て頂けると幸いです。