【08008882663】学習教材系の営業【0800-888-2663】

電話の着信と対応方法
08008882663【0800-888-2663】の着信は、子ども向け学習教材に関する営業電話となります。
ここでは、電話番号08008882663の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【08008882663】からの電話は、小・中学生の学習教材に関する営業


08008882663【0800-888-2663】の電話番号に関する情報

業者名不明
電話番号08008882663【0800-888-2663】
用件の概要「小中学生の保護者を対象としたご案内」といった内容の学習教材の販売営業

【08008882663】から電話が掛かってきた場合の対応方法は?

電話の対応法について

もし、当該電話番号が現在契約している学習教材や塾などの連絡先窓口に該当しない場合は、不在着信に対するコールバックは不要です。
電話を取って「今後このような案内は不要である」と感じた場合は、電話番号リストからの削除を求めるなど「再勧誘の禁止」について伝えておくと良いでしょう。


商品・サービスの営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

商品やサービスの営業を目的とした電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、売ろうとする商品名だけを前面に押してきて業者名を名乗らない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


営業電話の個人情報はどこで収集されているのか?


営業電話を掛ける時に使用される個人情報は、私達があまり意識していないだけで、実は様々な場面で収集されています。
例えば、カード会員を対象とした商品営業では、カードの契約の際、個人情報を関連企業の営業に使用する場合がありますという内容の項目に「同意」のチェックマークを付けてしまっている可能性があります。
また、ショッピングモールなどで実施されるキャンペーンのプレゼント応募や、商品アンケート等でも小さい文字で「記載された個人情報を関連会社で共有する」などといった内容が記載されていることがあり、それをあまり読まずに応募して、後日営業電話が掛かってきて「どこで情報が漏れたのだろう」と疑問に思われる方も多いようです。
営業電話を減らしたい場合は、何かを契約する際やキャンペーン応募などの際に「個人情報について書いてある項目」に目を光らせ、迂闊に同意してしまわないよう気を付けましょう。


【結論】学習教材に関する営業電話のオススメ対応方法

学習教材の営業電話は、過去に何らかのアンケートに答えたり資料や無料サンプルを取り寄せた履歴がある場合に掛かってくることが多いです。
突然の電話だと、他のサービスと比較検討する十分な時間もないため、よほど興味がある(契約を決めている)といった場合でない限りは電話口で契約せず、比較検討のため保留という形が無難でしょう。
また「今後も興味が湧かない・依頼しない」だろうと思う場合は、はっきりと不要である旨を伝え、お断りするのがベターです。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、回りくどい表現をせずストレートにYES・NOを伝えましょう。