【0120335828】災害保険の申請サポート営業【0120-335-828】

電話番号の着信情報について 電話の着信と対応方法
電話番号0120335828【0120-335-828】の着信は、災害保険の申請サポートに関する営業電話となります。
ここでは、0120335828の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0120335828】の電話は、災害保険の申請サポート業者による営業


0120335828【0120-335-828】の電話番号情報と着信の内容について

業者名不明
電話番号0120335828【0120-335-828】
着信の内容について災害保険申請サポートに関する営業で「火災保険の申請を代行します」等といった内容の着信

商品・サービスの営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

商品やサービスの営業を目的とした電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、売ろうとする商品名だけを前面に押してきて業者名を名乗らない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


災害保険を使った住宅リフォームをすすめられたら?

電話の対応法について

もし、「災害保険を使って住宅をリフォームできます」などといった電話が掛かって来た場合、自己判断ではなく、まずは契約中の災害保険会社に相談し、災害保険が適用になるケースについて確認を取ることをオススメします。
最近は、保険の申請代行に関するトラブルが目立ってきているようで、申請を依頼したのに実際には申請されていなかったというケースや、災害保険の適用にならない場合でも保険金の申請をするよう勧められたというケースが発生しているとメディア等でも注意喚起されております。
そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、営業電話の話を全て鵜呑みにするのではなく、契約中の保険会社に詳細を確認するよう心掛けましょう。


【0120335828】から電話があった時の対処法は?

電話の対応法について

もし、当該電話番号が取引中の企業や契約中サービスの電話番号に該当しない場合や、留守番電話にメッセージが残されていない場合は不在着信に対するコールバックは不要です。
また、電話を取って対応した時「今後このような案内は不要である」と感じた場合は、相手に対して「再勧誘の禁止」について伝えておくのが良いでしょう。