【08006000671】保険利用の住宅リフォーム営業【0800-600-0671】

電話番号の着信情報について 電話の着信と対応方法
ここでは、電話番号08006000671【0800-600-0671】からの着信に関する情報と、電話が掛かってきた場合の対応方法について詳しくお伝えしています。


08006000671【0800-600-0671】の電話番号情報と着信の概要について

太陽光発電に関する電話番号情報

電話番号08006000671【0800-600-0671】に関する情報一覧

発信元の電話番号
08006000671【0800-600-0671】
番号の種類
フリーダイヤル(0800)
発信元と思われる地域
フリーダイヤルのため不明
業者の名称
社名不明
着信の内容について
「火災保険を利用して住宅リフォームができます」といった内容の着信【2020年12月時点の情報】

08006000671【0800-600-0671】の電話は、火災保険を利用した住宅リフォーム営業

電話の対応法について

電話番号08006000671【0800-600-0671】からの着信は、火災保険を利用した住宅リフォームに関する営業となります。
もし、この番号が現在取引中の業者や契約中のサービスの中に該当せず、何の心当たりも無い場合、着信に対するコールバックは不要です。
また、電話を取って直接対応し「次回以降は同様の電話は不要」と判断した場合は、電話番号リストから削除して欲しいといった「再勧誘の禁止」について伝えておくと良いでしょう。


本当に災害保険の保険金で住宅リフォームが出来るのか?


最近は、火災保険や地震保険など「災害保険の保険金で住宅修繕・リフォームをしませんか?」といった内容の営業電話が増えています。
「本当に保険金がおりれば、それをリフォームに回せるので金銭的な負担が減るだろう」と思われるかもしれませんが、家屋の損傷が災害保険の補償対象となるかに関しては、それぞれの保険会社の判断にゆだねられており、必ずしも期待したような保険金がおりる訳ではないため注意が必要です。
もし、災害保険の保険金をあてにして住宅修繕を依頼してしまった場合、保険金がおりずに住宅修繕費だけが残るといった最悪なケースも考えられるため、こういった場合は安易に話に乗らず、よくお考えになった方がよろしいかと思われます。


営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例え名乗ったとしても、大手のサービスを装い、正式な業者名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになるため、そういった場合は速やかにお断りして構わないでしょう。


【まとめ】08006000671から電話があった場合の対応方法について

もし、当該電話番号が取引中の企業や契約中のサービスの番号に該当しない場合、不在着信に対するコールバックは不要です。
また、住宅の損傷が保険金の対象となるかどうかは保険会社の判断にゆだねられておりますので、営業電話の内容を鵜呑みにせず契約中の保険会社に聞いてから判断されることをオススメします。