【0120659058】電気設備協会を名乗る点検営業【0120-659-058】

電話の着信と対応方法
電話番号0120659058【0120-659-058】からの着信は、電気設備協会を名乗る電力関連の営業電話となります。
ここでは、0120659058の着信情報と電話の対応方法について詳しくご紹介していきます。


【0120659058】からの電話は、電気設備協会を名乗る着信


0120659058【0120-659-058】の電話番号情報と着信の内容について

業者名電気設備協会と名乗る
電話番号0120659058【0120-659-058】
着信の内容について「電力の測定が必要なので訪問日程を調整します」といった電力点検の営業

「電力点検と称する電話」の対応方法について

電話の対応法について

電力点検に関する営業電話が掛かって来た場合、まずは一旦電話を終話させ、契約中の電力会社に点検の実施予定があるのか確認することをオススメします。
電力会社は電力点検の予定がある場合、契約者の都合を考えて予め日程に余裕を持った状態でハガキなどの書面で通知をするというのが通例です。
そのため、突然電話を掛けて来て「日程調整をしたい」と言ってくる電話は、契約中の電力会社からではない可能性が極めて高いと言えます。
最近は特に、電力点検を称したメーター交換商法のようなものも流行しており、勝手にメーターを交換して料金を請求する悪質な業者も存在しているので注意が必要です。
そういった背景もありますので、トラブル回避のためにも電力点検の電話が掛かってきたら「まずは契約中の電力会社に確認すること」を日頃から心掛けておきましょう。


電力の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

電力プラン関連の営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
例えば、代理店などの仲介業者が「中国電力です」「四国電力からのご案内です」と名乗り、実際の業者名を名乗っていない場合は、特商法第16条が守られていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないでしょう。


電力点検を称する営業電話の対応法 まとめ

電力点検を称する電話が掛かってきた際の対応としては、契約中の電力会社が本当に点検を委託しているものか確認するため一旦電話を終話させ、改めて「契約中の電力会社のお問い合わせ窓口」まで確認の電話をすることをオススメします。
最近は点検を称してスマートメーター等を売りつける営業も増えていますので、トラブルを避けるためにも電話口の相手の言葉を鵜呑みにせず、その都度「契約中の電力会社に確認」を行っておきましょう。


【関連】電気設備協会を名乗る電話番号情報について

以下の電話番号からも今回と似たような着信があったため、併せてチェックしておくと便利です。
【05031015719】は、電気設備協会を名乗る電力の点検営業【050-3101-5719】
電話番号05031015719【050-3101-5719】からの着信は、電気設備協会を名乗る電力関連の営業電話となります。 ここでは、上記の電話番号情報の詳細と、営業電話の対処法についてご紹介しています。 【050310157...
今後の電話対応の際の知識としてお役立てくださると幸いです。