【0345313937】営業代行と思しき着信【03-4531-3937】

電話番号0345313937【03-4531-3937】は、営業代行と思しき業者からの着信となります。
ここでは、0345313937の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0345313937】からの電話は、営業代行業者と思しき着信


0345313937【03-4531-3937】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
着信する度に業者名が変更。
電話番号
0345313937【03-4531-3937】
着信の内容について
電力料金プランや求人サービスなど、様々な商品・サービスの販売に関する営業

【0345313937】から着信があった場合の対応方法は?

もし当該電話番号から着信があった場合、営業電話である可能性が極めて高いため、留守番電話に何も残されていなければコールバック不要です。
また、電話を取って対応し「今後の案内は不要である」と感じた場合は、電話番号リストからの削除を求めるなど「再勧誘の禁止」について伝えておくと良いでしょう。


営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
また、業者名を名乗っていても「嘘の業者名を名乗っている場合」もあるため注意が必要です。
特商法を遵守していない営業電話と判明した場合は、その時点で「特商法で定められている項目がお話されていないため、お断りします」等といった理由を述べ、切電してしまっても構わないかと思われます。


営業電話の対処法 まとめ

営業電話は、仮に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
興味がない・必要のない場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
また、再勧誘して欲しくない場合は、もう連絡してこないで欲しいと付け加えておくのも良いでしょう。
電話に慣れていない場合は大変かもしれませんが、明確に意思表示をすることを心掛け、フラットな心で対応するのがお勧めです。