【08009199763】店舗の取材営業【0800-919-9763】

電話番号08009199763【0800-919-9763】から着信は、店舗の取材に関する営業の電話となります。
ここでは、08009199763の着信情報と電話が掛かってきた時の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【08009199763】は、店舗の取材に関する営業電話


08009199763【0800-919-9763】の電話番号情報と着信の内容について

業者名「デイナビ」と名乗る
電話番号08009199763【0800-919-9763】
着信の内容店舗の取材に関する営業で「費用は一切かからないので、お店の取材をさせて欲しい」といった内容の着信。

訪問を伴うサービスの営業に関する注意点について

電話の対応法について

自宅や店舗への訪問を伴うサービスの電話営業が掛かって来た時は、本当にその業者が信用のおける業者なのか事前に調べておくことをお勧めします。
その理由ですが、過去に行政指導されているのにも関わらず業者名を偽りながら営業を続けている業者や、顧客に電話口での説明よりも遥かに高いサービス料金を提示し、それを支払うまで帰らないといった悪質な業者が存在しているからです。
仮にそういった業者を招き入れてしまうと、帰ってもらうまで大変苦労しますし、たとえ警察を呼んでも、警官が駆けつけてくれるまでの間は怖い思いをする可能性も考えられるため、そのようなトラブルを避ける為にも業者の情報は必ず収集しておきましょう。


営業電話に関する特定商取引法の取り決めとは?

営業電話と特定商取引法について

商品やサービスの営業を目的とした電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、売ろうとする商品名だけを前面に押してきて業者名を名乗らない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


営業電話の対応方法 まとめ

営業電話は、仮に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
いきなり電話を掛けてきて説明されても、他のサービスと比較検討する十分な時間もないですし、違約金が掛かる可能性もあるため安易に話に乗ってしまうのはリスクがあります。
そのため、少しでも不安に感じた点がある場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが双方にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。