【0120553937】火災保険の案内と称する住宅点検営業【0120-553-937】

電話番号0120553937【0120-553-937】の着信は「火災保険の案内」と名乗る住宅点検営業の電話となります。
ここでは、0120553937の着信情報と電話の対応について詳しくお伝えしていきます。


【0120553937】の電話は、火災保険の案内と名乗る住宅点検営業


0120553937【0120-553-937】の電話番号情報と着信の概要について

業者名「火災保険の案内」と名乗る。正式名称不明
電話番号0120553937【0120-553-937】
着信の概要「火災保険を利用して住宅を修繕できる」といった内容で、住宅の点検に伺いますといった営業電話

災害保険を使った住宅点検の目的とは?

電話の対応法について

最近は地震保険や火災保険など、災害系の保険を使って住宅の点検を促す営業電話が増えています。
このような営業電話の目的は、火災保険の申請代行サービスの営業か、もしくは火災保険を利用したリフォームの営業と考えられます。
火災保険など災害保険を利用できると聞くと「修繕費用の負担が減って良いのでは?」と思われるかもしれませんが、リフォームの内容が本当に災害保険の対象となるのか、保険が下りるかどうかに関しては加入している保険会社の判断にゆだねられており、場合によっては保険がおりない可能性もあるため注意が必要です。
保険がおりなければ修繕費の負担が残るだけですので、こういった営業の話に乗ってしまう前にまずは契約中の災害保険会社に詳しく確認を行い、良く考えて判断されるのが良いかと思われます。


営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


住宅点検営業の電話対応方法 まとめ

突然掛かって来た営業電話を受けた際、対処法として最も大切なのは、担当者に「興味のある・なしを明確に伝えること」です。
もし、意思表示をせず相槌を打って話を聞いてしまうと、契約の見込みがあると思われる可能性があります。
それだと営業担当者にも私達にも双方の時間の無駄になってしまうため「早い段階でYESかNOか意思をはっきり伝える」ことを心掛けましょう。
また、お断りした場合は今後の事も考え、次回から電話を掛けて来ないで欲しい旨とリストから削除して欲しい旨(再勧誘の禁止について)を併せて伝えておくということも忘れずに行っておくのがオススメです。


【関連】類似する電話着信の事例について

【0120938524】火災保険の案内と名乗る住宅点検営業【0120-938-524】
電話番号0120938524【0120-938-524】の着信は「火災保険の案内」と名乗る住宅点検営業の電話となります。 ここでは、0120938524の着信情報と電話の対応について詳しくお伝えしていきます。 【01209385...