【08009199600】電気・ガス等ライフラインの営業【0800-919-9600】

電話番号08009199600【0800-919-9600】の着信は「電気・ガス・ネット回線等ライフラインに関する営業」となります。
ここでは、08009199600の着信情報と電話の対応について詳しくお伝えしていきます。


【08009199600】の電話は、電気・ガス・ネット回線等のライフライン営業


08009199600【0800-919-9600】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
不明
電話番号
08009199600【0800-919-9600】
着信の内容について
インターネット回線や電力サービス・ウォーターサーバー等の勧誘といったライフライン等の営業。

ライフラインの営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているのか?といった点に注意してみましょう。
「特商法の第16条」では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は大手通信回線業者の代理店なのにもかかわらず「NTTです」「ソフトバンクです」「KDDIです」と名乗るだけで正式な代理店名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


光回線の「工事費無料」と言われた場合は注意が必要

電話の対応法について

もし、回線の営業電話を取ったときに「アナログ回線を光回線に変える工事が無料で出来る」と言われた場合は、安易に話に乗らず、ちょっと考えた方が良いかもしれません。
なぜなら、その無料というのは「半年後に○○円キャッシュバックします」などといった「実質無料」である可能性が非常に高く、もしかすると工事費分を回収できない可能性も考えられるためです。
残念ながら電話営業を行う回線業者の中には、キャッシュバック分を支払わない悪質な業者も存在しますので、急に電話をしてきて「工事費用が無料」と言ってくる業者には注意した方が無難です。


【結論】ライフライン営業の電話対応法まとめ

インターネット回線や電気などのライフラインに関する営業電話は「賃貸契約や引越の直後」に掛かってくる場合が多いので、もし各種サービスの比較検討がまだであれば一旦お断りし、再度興味がある場合にコールバックするといった形を取るのがベターです。
比較検討する十分な時間が無いときに決めてしまうと、後々他のサービスが良かったと思う場合に違約金が発生したりするため、やはりよく考えてから決めることをオススメします。
また、再度電話をしてほしくない場合は再勧誘の禁止について併せて伝えておきましょう。