【05050500186】インターネット回線業者の営業【050-5050-0186】

電話番号05050500186【050-5050-0186】の着信は、インターネット回線業者からの営業電話となります。
ここでは、05050500186の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【05050500186】からの電話は、インターネット回線の乗換営業


05050500186【050-5050-0186】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
不明
電話番号
05050500186【050-5050-0186】
着信の内容について
インターネット回線のプロバイダ変更を勧める営業。
「料金がお安くなります」といった内容の着信。

大手通信会社を名乗る営業電話が増えています!

電話の対応法について

NTTやソフトバンク、KDDI(au)など大手通信会社の名前を名乗る営業電話が掛かって来る着信があった場合、フタを開けてみると本体からではなく代理店や委託業者だったというケースも珍しくはありません。
中には、その企業と全く関連がないのに名乗っている場合もあるので、もし判断に迷ってしまう場合は、一旦「手が離せないので後で折り返します」といった対応をし、発信元を確かめてからコールバックするかどうか決めた方が無難かと思われます。
最近は、大手企業の名前を出して話を聞いてもらおうとしてくる営業電話が増えていますので、日頃から注意しておきましょう。


通信回線・インターネット業者の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

通信回線業者から営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は代理店なのにもかかわらず「NTTです」「ソフトバンクです」「KDDIです」と名乗るだけで正式な代理店名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


【05050500186】から着信があった場合の対応方法について

もし、当該電話番号から不在着信があった場合、留守番電話に何もメッセージが残されていなければ営業電話といった優先度の低い内容となるためコールバックは不要です。
また、電話を取って対応した場合は、電話だけで即決せずに一旦終話し、本当にau光と関連がある業者なのかについてauの公式お問い合わせ窓口まで確認することをお勧めします。
今後このような案内が不要である場合は、再勧誘の禁止について伝えておくと良いでしょう。