【0120438116】は読売新聞からの着信【0120-438-116】

0120438116【0120-438-116】の電話は、読売新聞と名乗る新聞業者からの着信となります。
ここでは、0120438116の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0120438116】の電話は、読売新聞からの着信


0120438116【0120-438-116】の電話番号情報と着信の概要について

業者名読売新聞と名乗る
電話番号0120438116【0120-438-116】
着信の概要読売新聞の定期購読を勧める営業

【0120438116】から電話があった時の対処法は?

電話の対応法について

当該電話番号から着信があった場合、読売新聞と契約していない状態ならば営業電話となりますのでコールバック不要です。
また、受電してお断りした場合などで「今後電話を掛けて欲しくない」という場合は、電話番号リストから削除して欲しい旨など「再勧誘の禁止」について併せて伝えておくということも忘れずに行っておくのがオススメです。


商品営業の電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

商品の営業を目的とした電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、売ろうとする商品名だけを前面に押してきて業者名を名乗らない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


営業電話の個人情報はどこで収集されているのか?


営業電話を掛ける時に使用される個人情報は、私達があまり意識していないだけで、実は様々な場面で収集されています。
例えば、カード会員を対象とした商品営業では、カードの契約の際、個人情報を関連企業の営業に使用する場合がありますという内容の項目に「同意」のチェックマークを付けてしまっている可能性があります。
また、ショッピングモールなどで実施されるキャンペーンのプレゼント応募や、商品アンケート等でも小さい文字で「記載された個人情報を関連会社で共有する」などといった内容が記載されていることがあり、それをあまり読まずに応募して、後日営業電話が掛かってきて「どこで情報が漏れたのだろう」と疑問に思われる方も多いようです。
営業電話を減らしたい場合は、何かを契約する際やキャンペーン応募などの際に「個人情報について書いてある項目」に目を光らせ、迂闊に同意してしまわないよう気を付けましょう。


営業電話と思われる着信の対応方法 まとめ

営業の電話は、仮に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
よく検討したうえでサービスを利用する訳ではなく、突然の電話で他のサービスと比較検討する時間のない環境といったデメリットがありますし、定期的な課金が発生するサービスに至っては解約方法が面倒などといったリスクもあるため、少しでも不安に感じた点がある場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが双方にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。