【08002226506】ワイモバイルからの自動音声電話【0800-222-6506】

電話番号08002226506【0800-222-6506】からの着信は、ワイモバイルからの自動音声電話となります。
ここでは、08002226506の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【08002226506】からの電話は、ワイモバイルの自動音声電話


08002226506【0800-222-6506】の電話番号に関する情報

業者名ワイモバイル
電話番号08002226506【0800-222-6506】
着信の内容電話を取ると、自動音声で案内が流れる。
※途中で切ってしまったため内容は不明

【08002226506】から着信があった場合の対応方法は?

電話の対応法について

この電話は、ワイモバイルの契約者に対して掛かってくることがあるようです。
仮に緊急の用件であれば、留守番電話に残っているはずですし、自動音声案内だけで済ませるのは現実的ではないため、留守番電話の録音が何も残っていないようであればコールバックせず、再び掛かってくるまで何もしなくても構わないでしょう。


営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた際には、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容をよく聞いてみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった取り決めがされています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
特商法を遵守していない営業電話を掛けてきた場合は、電話営業のマナーがなっていないと見てその時点でお断りを入れて電話を切っても構わないでしょう。


自動音声案内の電話対応法 まとめ

自動音声案内の電話については、着信があった場合とりあえず電話番号を調べて発信元がどこなのかを特定し、コールバックするべき案件かどうかを判断するのがオススメです。
折り返しが必要な緊急の用件であれば、留守番電話にメッセージが残されているはずですので、もし何も残されていないようであればコールバックしなくても構わないでしょう。