【0671763009】関西電力の設備会社を名乗る営業【06-7176-3009】

電話番号0671763009【06-7176-3009】からの着信は「関西電力の設備会社」と名乗る太陽光発電の営業電話となります。
ここでは、0671763009の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0671763009】の電話は、「関西電力の設備会社」と名乗る太陽光発電の営業


0671763009【06-7176-3009】の電話番号情報と着信の内容について

業者名「関西電力の設備会社」と名乗る。
正式名称は不明
電話番号0671763009【06-7176-3009】
着信の内容太陽光パネルの設置を勧める営業

【0671763009】から着信があった場合の対処方法について

電話の対応法について

今回の着信は06で始まる番号のため、掛け直すと通話料金が発生します。
そのため、着信があった場合は、事前にコールバックすべき電話番号かどうか仕分けを行うのがオススメです。
もし、当該電話番号が現在取引中の業者や契約中サービスの中に該当が無ければ、コールバックは不要です。
また、電話を取って「今後このような案内は不要である」と感じた場合は、二度と電話をかけてこないよう「再勧誘の禁止」について直接伝えると良いでしょう。


太陽光発電の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

太陽光発電に関する営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は別の業者なのにもかかわらず「東京電力です」「関西電力からのご案内です」などと名乗り正式な業者名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないでしょう。


【結論】太陽光発電営業の電話対応法 まとめ

太陽光発電の営業電話は、ソーラーパネルの導入や蓄電池に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
また、太陽光パネルや蓄電池などの設備には相当高額なお金が掛かりますから、じっくり比較検討して決めるべきものであり、電話一本で即決できるような案件ではありません。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、興味がない・必要がないと思った場合は、ファーストコンタクトの段階で「必要ありません」とはっきりお断りするのが良いでしょう。