【05054328609】楽天株式会社を名乗る着信【050-5432-8609】

電話番号05054328609【050-5432-8609】は、楽天株式会社を名乗る営業となります。
ここでは、05054328609からの着信内容と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【05054328609】からの着信は、楽天株式会社を名乗る営業電話


05054328609【050-5432-8609】の電話番号に関する情報

業者名
「楽天株式会社」と名乗る
発信元の電話番号
05054328609【050-5432-8609】
着信の内容について
ネットショップ出店に関する営業や保険の営業など

【05054328609】から着信履歴があった場合の対応方法について

電力営業の対応法について

当該電話番号は050から始まる番号のため、コールバックすると通話料金が掛かります。
そのため、不在着信が残っていた場合は留守番電話のメッセージを調べ、折り返しが必要な案件なのかを確認することをオススメします。
もし、何も録音されていないようならコールバック不要です。
また、電話を取った際に今後このような案内は不要だと感じた場合は、再勧誘の禁止について直接伝えておくと良いでしょう。


営業電話と特定商取引法の取り決めについて

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
例えば、代理店などの仲介業者が大手の企業の名前を出し、実際の業者名を名乗らないで話を進めようとする場合は、特商法第16条が守られていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、それ以上話を聞かずに終話して構わないでしょう。


営業電話の対応方法 まとめ

営業電話というものは先方の都合で突然掛かってくるため、こちらが電話に出ても単なる時間の無駄になってしまうケースが多いです。
興味のあるサービスでなければ早々にお断りし、今後二度と電話を掛けてきてほしくない場合は「再勧誘の禁止」について明確に伝えておきましょう。
また、不在着信に残っている場合は、一旦電話番号を調べ、覚えのある業者やサービスに該当しなければコールバックしなくても構わないでしょう。