【0120997236】北電コールセンターを名乗る電力営業【0120-997-236】

電話番号0120997236【0120-997-236】は、北電コールセンターと名乗る業者からの着信となります。
ここでは、0120997236からの着信内容と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


0120997236【0120-997-236】は、北電コールセンターと名乗る電力営業


0120997236【0120-997-236】の電話番号に関する情報

業者名
「北電コールセンター」と名乗る。
代理店等の可能性あり
発信元の電話番号
0120997236【0120-997-236】
着信の内容について
「電気使用量の件で」といった電力関連の営業で「検針票を手元に用意してくれ」といった内容

大手電力会社の名前を名乗った電話が増えています。

電話の対応法について

最近は、大手電力会社を名乗った代理店など別業者からの電力営業電話が増えています。
もし、大手電力会社を名乗る電話が掛かって来た場合は、一旦「手が離せないから掛け直します」等といって電話を切り、本当に該当する電力会社からの連絡なのかについて確認を取ることをオススメします。
電力料金プランの変更以外にも、電力点検を名目として家や会社に訪問し、勝手にメーターを変更して料金を取るといった詐欺も横行しているため注意が必要です。
このようなトラブルを避けるためには、やはり面倒でも電話の発信元が本当に契約中の大手電力会社であるのか該当電力会社の公式お問い合わせ窓口まで電話で確認するのがオススメの対処法となります。
本物かどうか判断に迷った場合は、身を守る防衛策としてぜひ試してみてください。


電力関連の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

電気の料金プランなど電力関連の営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
例えば、代理店などの仲介業者が大手電力会社の名前を出し、実際の業者名を名乗らないで話を進めようとする場合は、特商法第16条が守られていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、それ以上話を聞かずに終話して構わないでしょう。


年齢を聞かれた場合はエコキュートの営業かも?

電話の対応法について

電力料金プランに関する営業電話でよくあるエコキュートの導入を勧める営業には、電話口で「○○歳以下の方を対象とした電気料金がお得になるご案内」などというように「年齢に関する文言」が入っているという特徴があります。
多くの場合は69歳~70歳以下を対象といった案内になっており、その理由はエコキュート導入にあたる高額料金(100万円単位)のローンを組ませるためだと考えられます。
エコキュート自体は電力を有効活用できるといったメリットがあり、その分の電気料金がお得になるかもしれません。
しかし、導入するためには大変な金額が掛かるといったデメリットも存在しますので、その両面を見ながら今後のことをよく考えたうえで判断されるのが良いかと思われます。


【0120997236】から着信履歴があった場合の対応方法について

電話の対応法について

もし当該電話番号が現在取引中の業者の番号や契約中の電力会社の番号の中に該当が無く、留守電にも何もメッセージが残されていない場合は、優先度の低い案件と判断して構わないかと思われますので特にコールバックする必要は無いでしょう。
北電と契約中の場合は、一旦終話してから「本当に北電からの電話なのか公式お問い合わせ窓口まで確認」した方が良いでしょう。
また、電話を取った際に正式な業者名を名乗らず営業トークに入った場合は、後述する特定商取引法が順守されていないことになるため、その時点で終話して構わないかと思われます。