【05031983438】リボーンと名乗る業者の偽請求【050-3198-3438】

電話番号05031983438【03-6478-9437】のリボーンと名乗る業者からの料金請求の着信に注意してください。
ここでは、05031983438の着信情報と対処方法について詳しくお伝えしていきます。


【05031983438】はリボーンと名乗る架空請求

リボーンからの偽請求

05031983438【03-6478-9437】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
リボーンと名乗る
電話番号
05031983438【03-6478-9437】
着信の内容
債権回収会社を装い「未払い料金があるのでこのままだと訴訟になる」等といった内容でお金を支払うよう要求

リボーン【05031983438】の着信の対処方法について


もし、事前に書面での通知が一切なく、身に覚えのない料金請求の件で突然着信があり「このままだと裁判になる」等と言われた場合は架空請求の可能性が極めて高いです。
架空請求業者は、ありもしない利用料金をでっち上げ、こちらの個人情報を聞き出したり金銭を要求してくるため、絶対に個人情報を伝えてはいけません。
電話が掛かってきた場合は、会話を長引かせずに「もし未払料金があるなら書面を寄越してくれ」と言って即電話を切ってしまうことをオススメします。
電話を切った後は、すぐに消費者センターや警察の相談窓口まで連絡し、情報提供しておくと良いでしょう。


怪しい料金請求電話やメールの相談先について

営業電話と特定商取引法について

仮に架空請求の電話やメールが着信して心配な場合は、まずは消費者センターに連絡し、相談してみるのが良いでしょう。
消費者センターは、電話で188(いやや)とダイヤルするだけで繋がりますので、着信した架空請求メールの内容や電話番号について詳しく話してみましょう。
消費者センターに相談した後、さらに最寄りの地域を管轄する警察署に届け出るのも有効かと思われます。
なお、上記の消費者センターの番号188は、営業電話で不審な業者を見つけた時の問い合わせ等にも大変役立ちますので、今後のためにもぜひ覚えておきましょう。


【結論】05031983438リボーンと名乗る料金請求の着信は無視すべし。

05031983438からのリボーンと名乗る料金請求の着信があった場合、架空請求となりますので個人情報を一切伝えず、無視してください。
そのうえで消費者センターや地域を管轄する警察の相談窓口に連絡し、事例について相談してみることをオススメします。
架空請求の被害に遭わないために大切なことは「個人情報を伝えないこと」と「絶対にお金を支払わない」ということですので、まずは落ち着いて対応するよう心掛けましょう。