【05055262000】は産経新聞からの着信【050-5526-2000】

05055262000【050-5526-2000】の着信は、大手新聞社「産経新聞」を名乗る電話となります。
ここでは、05055262000の着信情報と電話が掛かってきた時の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【05055262000】は、産経新聞からの商品・サービス営業


05055262000【050-5526-2000】の電話番号情報と着信の内容について

業者名「産経新聞」と名乗る
電話番号05055262000【050-5526-2000】
着信の内容について「コスト削減」といった電力料金プランの案内
※電力ではなく、他のサービスを紹介される可能性もあり

【05055262000】から着信があった時の対処法は?

電話の対応法について

もし、当該電話番号が現在取引中の業者や利用中のサービスに該当しない場合や、留守番電話に何もメッセージが残されていない場合は、営業電話と考えられるためコールバックは不要です。
電話を取って対応し「今後このような案内は不要である」と感じた場合は、再勧誘の禁止について相手に伝えておくと良いでしょう。


商品販売の電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

商品の販売業者から電話が掛かって来た時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているかといった点に注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際に「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていない電話が掛かってきた場合は、特商法第16条が遵守されていないことになりますので、それ以上話を聞かず終話しても構わないでしょう。


業者からの着信は、電話番号を調べるのがオススメ

業者から電話が掛かってきた場合、まずは電話番号から発信元を調べて本当にコールバックするべき電話なのか判断するのがオススメです。
調べることにより、発信元が分かって安心すると同時に、余計な営業電話にコールバックせずに済むといったメリットがあります。
また、留守番電話の録音機能を「大切な用件の電話なのか?」について判断するため活用していくことも重要です。
時間を有効に使うためにも、無駄な電話に対応しないよう日頃から対策を行っておきましょう。