【05031456870】キャッシュレス決済関連の営業【050-3145-6870】

電話番号05031456870【050-3145-6870】からの着信は、キャッシュレス決済の営業電話となります。
ここでは、05031456870の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【05031456870】の電話は、auペイのキャッシュレス決済営業


05031456870【050-3145-6870】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
不明
電話番号
05031456870【050-3145-6870】
着信の内容について
キャッシュレス決済端末の導入を勧める営業

キャッシュレス決済営業と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

キャッシュレス決済に関する営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


キャッシュレス決済営業のオススメ電話対応法について

電話の対応法について

キャッシュレス決済に関する営業電話が掛かって来た時の対処法としては、社名を自分から名乗らない時点で「電話のマナーとして論外」なので興味があってもお断りするのが無難です。
社名を名乗った場合でも、興味がない場合は「必要ない」とはっきりお断りするのがベスト。
興味がある場合は、取りあえず資料を取り寄せる形で終話させ、業務に戻るのが良いでしょう。
また、不在着信に残っていた場合は、現在取引中の業者に該当するのか電話番号を調べ、該当が無ければ特にコールバックしなくても構わないかと思われます。
(仮に重要な案件であれば、留守電に残っているはずですので。)
なお、お断りした場合は、次回から電話を掛けて来ないで欲しい旨とリストから削除して欲しい旨(再勧誘の禁止について)を併せて伝えておくということも忘れずに行っておくのがオススメです。


キャッシュレス決済営業と通信回線営業の関連について


キャッシュレス決済営業の電話番号の中には、光回線などの通信回線営業と同じ番号から掛かってくる場合もよくあります。
これは、通信回線業者の大手であるドコモやauなどが「d払い」や「auペイ」などのキャッシュレス決済端末を扱っており、それらの代理店が通信回線とキャッシュレス決済端末の両方について番号を変えずに営業している為だと考えられます。
キャッシュレス決済を導入したいと考えている場合、お店で対応する電子マネーの種類について「自店の顧客にニーズがあるのは一体どの電子マネーなのか?」という事をよく考えてから導入するのが良いでしょう。


【結論】キャッシュレス決済営業の電話対応 まとめ

キャッシュレス決済の導入をすすめてくる営業の電話は、仮に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
いきなり電話を掛けてきて説明されても、他の端末と比較検討する十分な時間もないため、安易に話に乗ってしまうのはリスクがあります。
そのため、少しでも不安に感じた点がある場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが双方にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。