【05031581207】シャープ関連業者を名乗る太陽光の自動音声【050-3158-1207】

電話番号05031581207【050-3158-1207】からの着信は、シャープ関連業者を名乗る太陽光発電の自動音声営業となります。
ここでは、05031581207の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【05031581207】は、シャープ関連業者を名乗る太陽光発電の自動音声営業


05031581207【050-3158-1207】の電話番号情報と着信の内容について

業者名「シャープエコシスグループのアース」と自動音声で名乗る
電話番号05031581207【050-3158-1209】
着信の内容電話を取ると「電気のエコシステムの導入を勧める自動音声」が再生される。

【05031581207】から着信があった場合の対処方法について

電話の対応法について

今回のような自動音声による営業は、相手がロボットコールのため着信があってもコールバックは不要です。
なお、今のところアンケートに回答しても何か貰えるといった情報は無く、回答内容は見込み顧客情報として営業に活用されるだけだと予想されるため、こちらで得するようなことは無いようです。
もし自分の時間を有効に使用したい場合は、電話を取っても途中で終話して構わないかと思われます。


太陽光発電の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

太陽光発電に関する営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は別の業者なのにもかかわらず「東京電力です」「関西電力からのご案内です」などと名乗り正式な業者名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


太陽光発電営業の電話対応法 まとめ

太陽光発電の営業電話は、ソーラーパネルの導入や蓄電池に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
また、いきなり電話を掛けてきて「太陽光パネルを設置しませんか?」などと誘われても、太陽光発電の設備は高額のお金が掛かりますから、即決できるような案件ではありません。
興味がない・必要がないと思った場合は、ファーストコンタクトの段階で「必要ありません」とはっきりお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。