【0120994499】GS調査センターのアンケート電話【0120-994-499】

電話番号0120994499【0120-994-499】からの着信は、「GS調査センター」と名乗る業者からのアンケート電話となります。
ここでは、0120994499の着信情報とアンケート電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0120994499】の電話は、GS調査センターからの自動音声アンケート


0120994499【0120-994-499】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
GS調査センターと名乗る
発信元の電話番号
0120994499【0120-994-499】
着信の概要・目的
電話を取ると、自動音声でGoToトラベルに関するアンケート回答に関するガイダンスが流れる。
旅行会社「中央ツーリスト」の協賛で実施しているとのこと。

【0120994499】から電話が掛かってきた時の対応法について

電話の対応法について

この電話番号を使用しているGS調査センターの自動音声アンケート電話は、他のアンケート電話と同様に無作為に抽出された電話番号に対して掛けてきているといった着信のため、もし電話に出られなかった場合はコールバック不要です。
このようなアンケート電話は必ず回答しなければいけないといった強制力のあるものでは無いですので、電話を取った場合は回答する・しないの選択を個人の自由な判断に任せて構わないでしょう。


最近の世論調査アンケートに関する電話の特徴について


今回の着信のように「不特定多数に電話を掛けている世論調査アンケート」は、主にフリーダイヤル(0120・0800)の番号から掛かってくるケースが多いです。
アンケートを実施している企業側が大量に電話番号を契約しているため、同時期に似たような番号から集中して掛かってくることも多く、フタを開けてみると発信元が同じ業者だったということが多々あります。
また、もう1つ特筆すべき特徴としては、世論調査アンケートの大部分が自動音声ガイダンスによるものだという点です。
たまに人間のアポインターを使ったアンケート電話もありますが、それだと人件費が掛かってしまうため、ロボットコールを使ってコストを削減しているようです。
アンケート調査には膨大なデータが必要となるため、不特定多数に効率良く電話を掛けるために今後もロボットコールによる調査電話が増えていくだろうと予想されます。


世論調査アンケート電話の着信数が多い曜日・時間帯について

世論調査アンケートの電話は、平日に比べると土日や祝日など一般的に「休み」と認識されている日に着信することが多くなっています。
恐らく、平日よりも多数の人が自宅にいる確率が高くなっている休日に電話して、アンケートの受電率と回答確率をアップさせようという事なのでしょう。
時間帯については、午前中・午後まんべんなくという感じですが、午前中の比較的早い時間帯(9:00~11:00頃)に着信することが多々あり、「休みでゆっくり寝ていたのを起こされてしまった」といった意見も。
とくに「選挙が近い時期の土曜日の午前中」は世論調査アンケートが多く着信するため、電話の着信で睡眠を妨げられないよう、音量をオフにするなどといった対策が必要かと思われます。


世論調査やアンケートの電話対応法 まとめ

世論調査アンケートの電話は、無作為に抽出した電話番号リストに大量に電話を掛けているため、電話が掛かって来た時には受話器を取っても取らなくてもどちらでも問題ないかと思われます。
また、回答する・しないの判断は個人の自由になっておりますので、どうしても嫌ならばお断りしても構いません。
電話対応の際は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。


自動音声アンケートに関する同様の事例について

最近は自動音声を使用したアンケート調査依頼の電話が多くなっており、知らない番号から着信があってコールバックするべきか判断に迷うケースも増えています。
【0120944499】GS調査センターのアンケート電話【0120-944-499】
電話番号0120944499【0120-944-499】からの着信は、「GS調査センター」と名乗る業者からのアンケート電話となります。 ここでは、0120944499の着信情報とアンケート電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。 ...
今回と同様の事例については、上記の記事でも詳しくご紹介していますので、今後の電話対応の知識としてお役立て頂けると幸いです。