【0120822182】ドコモやau等を名乗る光回線営業【0120-822-182】

電話番号0120822182【0120-822-182】の着信は、ドコモやau等を名乗るネット回線業者からの電話となります。
ここでは、0120822182の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0120822182】の電話は、ドコモやau等を名乗るネット回線営業


0120822182【0120-822-182】の電話番号情報と着信の内容について

発信元の電話番号
0120822182【0120-822-182】
業者名
ドコモやau、ソフトバンク等を名乗る。正式名称は不明。
着信の内容について
インターネット光回線のプラン切替を勧める営業。

大手通信会社を名乗る電話の対応方法について


もし、NTT(ドコモ)やソフトバンク、KDDI(au)など大手通信会社の名前を名乗った電話が掛かってきた場合は、必ず大元の通信会社の公式窓口まで連絡し、念のため「実際に関連のある業者なのか?」について確認することをオススメします。
その理由ですが、最近は特に「大手通信会社の代理店や関連業者を装う業者」が増えており、それに伴う回線契約のトラブルも多くなっているため、被害に遭わないよう対策が必要になってきているからです。
確認方法は、大手通信会社の公式窓口まで連絡し、着信した業者名や電話番号を伝えればデータを調べてくれるので簡単に行うことができます。
少々手間はかかりますが、トラブルを未然に防ぐために有効な手段となりますので試してみてください。


通信回線業者の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

通信回線業者から営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば「正式な代理店名を名乗っていない場合」や「故意に正式名称を隠そうとする場合」は、特商法第16条が遵守されていないことになりますので、そのような電話が掛かって来た時は速やかに終話してしまって構わないでしょう。


「モデムの無料交換」を謳った営業電話に注意!


インターネット回線業者の中には、すでに契約している回線会社を装い「モデムを無料交換します」といった電話を掛けてくる業者がいますが、モデムを交換するということは「プロバイダの変更」を意味する単語となるため注意が必要です。
相手に言われるままモデムを変更してしまうと、こちらの意図しないネット回線会社に乗換手続をされていたり、不要なオプションなどを付けられてしまう可能性が考えられます。
こういった誤解を与える表現を使った営業電話には気をつけましょう。


【結論】大手通信会社を名乗るネット回線営業は、念のため本体に確認すべし!

もし、大手通信会社の名前を出したネット回線業者からの電話が掛かって来た場合は、念のため大元となる通信会社の公式窓口に電話をかけ、本当に関連性がある業者なのか確認しておくと無用なトラブルを防ぐことが可能になるのでオススメです。
また、光回線をはじめとするインターネット回線の乗換を考えている場合は、営業電話で契約するよりも自分で調べて乗換をした方が、中間マージンが差し引かれない分だけ様々な特典を受けられて総合的にお得になるケースが多いです。
ネット回線は一旦契約すると、途中解約する際に高額な手数料を支払う羽目になってしまうため、即決せず十分に比較検討のうえ後悔の無い選択をするのがオススメです。