【0120949374】ネット回線業者のウォーターサーバー営業【0120-949-374】

電話番号0120949374【0120-949-374】からの着信は、ネット回線業者によるウォーターサーバーの営業電話となります。
ここでは、0120949374の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0120949374】は、ネット回線業者のウォーターサーバー営業


0120949374【0120-949-374】の電話番号情報と着信の内容について

業者名ソフトバンクの代理店を名乗る
電話番号0120949374【0120-949-374】
着信の内容についてネット回線の契約者を対象としたウォーターサーバー設置を勧める営業。
営業電話といった優先度の低い用件となるため、不在着信に対して特にアクションしなくても構わないでしょう。


電話営業でウォーターサーバーを申し込むのはお得なのか?

ウォーターサーバーの電話営業では、よく「○○のサービスに申込んでくれた方の特典として、本体代を無料にします」などといった方法の勧誘をしていますが、結論から言いますと本体代無料という特典は、何も電話営業から申込まなくても適用してくれる所がたくさんあるため、それほどお得という訳ではありません。
例えば、大型ショッピングモールや電気屋さん、イベント会場などでウォーターサーバーの営業担当が実演やを行っていることがありますが、そこでも「本体代金が無料」ということを全面に押し出してることが多く、今やそれがスタンダードになりつつあります。
そのため、これ以上に価値のある特典を付けてくれる場合でない限りは、あまり魅力的なオファーとは言えないでしょう。
ウォーターサーバーの申込を考えている場合は、特典の面についても考慮に入れることをお勧めします。


ウォーターサーバー営業の電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

ウォーターサーバー営業の電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


【結論】ウォーターサーバー営業の電話対応 まとめ

ウォーターサーバーに関しては、本体代無料で申し込みができる機会が他にも沢山あるため、今すぐ決断せず比較検討してからでも遅くはありません。
そのため、今まさに申込もうと思っていた場合でなければ、今のところ必要ないと回答しても構わないかと思われます。
また、比較検討の際は、水の代金と併せて「サーバーの電気代」が掛かることもお忘れなく。
継続利用するものですから、その場で即決せず、後悔がないよう十分考慮されることをオススメします。