【05031762101】北海道の海産物市場を名乗る営業【050-3176-2101】

電話番号05031762101【050-3176-2101】の着信は「北海道の海産物市場」と名乗る営業電話となります。
ここでは、05031762101の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【05031762101】の電話は、北海道の海産物市場を名乗る商品営業


05031762101【050-3176-2101】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
「北海道の海産物市場「と名乗る。正式名称は不明
電話番号
05031762101【050-3176-2101】
着信の内容
北海道のカニや昆布など海産物の購入を勧める営業

海産物営業の電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

海産物の販売を目的とした電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、それ以上話を聞かずに終話して構わないでしょう。


【05031762101】から着信があった場合の対処方法について

電話の対応法について

もし、当該電話番号が現在取引中の業者や契約中のサービス等に該当しなければ、営業電話といった優先度の低い案件となりますのでコールバックの必要はありません。
また、電話を取ったときに今後の営業が不要であると思った場合は、再勧誘の禁止について伝えておくと良いでしょう。


もし悪質な海産物業者の営業電話に遭遇したら?

電話の対応法について

海産物業者の中には、恐ろしい口調でまくし立てて商品を買わせようとする業者や、こちらがハッキリ断っても強引に商品を送り付けようとしてくるといった悪質な営業を行っている業者も存在するので注意が必要です。
また、電話で断った数日後に「頼んだ覚えのないカニなどが着払で送られてきて、家族が受け取ってしまった」という被害ケースも存在し、メディアなどでも注意喚起されています。
もし、強引な海産物営業があった場合は、身を守るためにも速やかに電話を切りましょう。
また、同じ被害に遭う人を減らすためにも、発信元の電話番号を控えておいて消費者センターに報告しておくのも良い


【結論】海産物営業の電話対応法は毅然とした態度で行おう!

海産物営業の電話は、やわらかな口調でお断りを入れても伝わらない可能性が高いため、断る場合は毅然とした態度でハッキリ「いりません」と言って速やかに終話するのがオススメです。
少しでも相手の話を聞いてしまうと、海産物を送るという流れになってしまうので、早い段階でお断りを入れるのが良いでしょう。
最も大切なのは「ハッキリ意思表示をする」ということですので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。


関連する電話番号情報について

【08008887823】からの電話は、海産物業者による商品営業です。
08008887823【0800-888-7823】の着信は、北海道の海産物業者からの商品営業の電話となります。 ここでは、上記の電話番号情報をはじめ、営業電話が掛かってきた時の対応について詳しくお伝えしていきます。 【0800...