【08009194621】タラバガニ・海産物の営業電話【0800-919-4621】

電話番号08009194621【0800-919-4621】の着信は、海産物業者からの商品営業電話となります。
ここでは、08009194621の着信情報と海産物営業の電話が掛かってきた時の対応について詳しくお伝えしていきます。


【08009194621】はタラバガニなど海産物販売の業者


08009194621【0800-919-4621】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
「札幌の北海道物産」と名乗る
電話番号
08009194621【0800-919-4621】
着信の内容
タラバカニの営業。カニが食べられないと答えた場合は他の海産物の購入を勧める。

海産物営業の電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

海産物の販売を目的とした電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、それ以上話を聞かずに終話して構わないでしょう。


【08009194621】から着信があった場合の対処方法について

電話の対応法について

海産物業者からの営業電話は、通常の営業電話よりも押しの強い業者が多いため毅然とした態度でハキハキと対応するのがオススメです。
しかし、中には恐ろしい口調でまくし立てて商品を買わせようとする業者や、こちらがハッキリ断っても強引に商品を送り付けようとしてくるといった悪質な業者も存在するので、危険を察知した時はすぐにでも電話を切った方が良いでしょう。
また、海産物営業を断ったのにも関わらず「着払で商品が送られてきて、家族が受け取ってしまった」という被害ケースも存在するため注意が必要です。
もし、強引な海産物営業に遭遇した場合は、速やかに電話を切り、発信元の電話番号を控えておいて消費者センターに報告するのが良いかと思われます。


営業電話の個人情報はどこで収集されているのか?


営業電話を掛ける時に使用される個人情報は、私達があまり意識していないだけで、実は様々な場面で収集されています。
例えば、カード会員を対象とした商品営業では、カードの契約の際、個人情報を関連企業の営業に使用する場合がありますという内容の項目に「同意」のチェックマークを付けてしまっている可能性があります。
また、ショッピングモールなどで実施されるキャンペーンのプレゼント応募や、商品アンケート等でも小さい文字で「記載された個人情報を関連会社で共有する」などといった内容が記載されていることがあり、それをあまり読まずに応募して、後日営業電話が掛かってきて「どこで情報が漏れたのだろう」と疑問に思われる方も多いようです。
営業電話を減らしたい場合は、何かを契約する際やキャンペーン応募などの際に「個人情報について書いてある項目」に目を光らせ、迂闊に同意してしまわないよう気を付けましょう。


【結論】海産物営業の電話対応法は毅然とした態度で行おう!

海産物営業の電話は、やわらかな口調でお断りを入れても伝わらない可能性が高いため、断る場合は毅然とした態度でハッキリ「いりません」と言って速やかに終話するのがオススメです。
少しでも相手の話を聞いてしまうと、海産物を送るという流れになってしまうので、早い段階でお断りを入れるのが良いでしょう。
また、再勧誘の禁止を名言しても何回も電話がかかってくるような場合は、消費者センターに報告するのが良いと思われます。


関連する電話番号情報について

【08009195811】は、北海道の海産物業者を名乗る商品営業【0800-919-5811】
電話番号08009195811【0800-919-5811】の着信は、北海道の海産物業者を名乗る商品営業の電話となります。 ここでは、当該電話番号の着信情報と海産物営業の電話が掛かってきた時の対応について詳しくお伝えしていきます。 ...