【0671664260】三井住友ファイナンスリースの着信【06-7166-4260】

電話番号0671664260【06-7166-4260】の着信は、三井住友ファイナンスリースからの電話となります。
ここでは、0671664260の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0671664260】は三井住友ファイナンスリースからの重機リース斡旋営業/h2>

0671664260【06-7166-4260】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
三井住友ファイナンスリースと名乗る
電話番号
0671664260【06-7166-4260】
着信の内容について
トラックや重機のリース斡旋に関する内容

【0671664260】から電話があった時の対応方法について


もし、当該電話番号が現在取引中の業者や契約中サービスの窓口に該当していなければ、営業電話といった緊急性の低い用件と考えられますのでコールバック不要です。
また、電話を取って今後このような案内が不要であると感じた場合は、再勧誘の禁止について伝えておくのが良いでしょう。


営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は代理店なのにもかかわらず「NTTです」「ソフトバンクです」「KDDIです」と名乗るだけで正式な代理店名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


営業電話の対応法 まとめ

営業電話が掛かって来た際、相手が業者名を正しく名乗っているのかを注意深く聞いておくことが大切です。
名乗らず本題を話し始めるようなら、どんなに良いサービスであっても、特商法16条の観点から即お断りしても構わないかと思われます。
また、説明に対して少しでも不安な点があったり、納得できないことがあれば、はっきりお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。