0663598833の電話は不動産投資営業!着信内容に関する情報

電話番号0663598833【06-6359-8833】からの着信は、コールバックすべき電話なのでしょうか?ここでは、当該電話番号が「どこから掛かって来たのか?」「どのような用件の電話なのか?」発信元や用件などコールバックの判断基準のために役立つ情報について、要点をまとめました。


電話番号【0663598833】の発信元情報について

この0663598833(06-6359-8833)からの着信は、不動産業者による不動産投資営業の番号です。主に投資用不動産の取り扱いを行っている業者のようで「賃貸経営用の物件を購入し、家賃収入を得て資産形成しませんか?」等といった用件の電話となっています。
もし、不在着信の履歴に残っていて掛け直すべきか迷っている場合は、これらの情報をコールバックするか否かの判断基準としてご参考にして頂けると幸いです。


不動産投資のメリットとデメリットについて

不動産投資営業の電話では、「老後の資金対策」や「税金の控除」というワードを使って話を進めてくるケースが多くなっています。
例えば「年金対策として投資用マンションを購入し、賃貸経営で老後の資産を増やしませんか?」といったアプローチや、「投資用マンションを購入し経費計上することで税金を減らしませんか?」などといった内容の営業電話が目立ちます。
確かに、賃貸経営を行えば家賃収入が入って来ますし、物件を所持していれば物件購入費用は確定申告時に経費として計上することも可能というメリットがありますが、その反面「物件の修繕費(メンテナンス)」「空き部屋対策(集客)」「家賃滞納者への対策(収納)」という大変な業務も行っていく必要があるというデメリットもあり、この両面を考慮に入れていく必要が出てきます。
もし、不動産投資にご興味がある場合は、これらのメリット、デメリットをしっかり考えたうえで総合的に判断することをお勧めします。


信用できる不動産業者か見分けるコツについて

ここで、不動産投資や不動産売買仲介を行う業者から営業電話が掛かってきた場合、信用できる不動産業者なのか見分けるコツについてお伝えしていきます。
やはり「電話口の営業担当者のマナーがしっかりしているか?」といった事で見分けるのが最も確実で、電話の相手に丁寧な対応ができているかで判断するのがオススメです。
電話を取った時、第一声で「挨拶」と「自分の会社と身分」と「電話の用件」の3点について説明できている場合は、その不動産業者はしっかり社員教育ができているとして高評価です。
しかし、第一声で上記の3点を説明できていなかったり、言葉遣いや態度が悪かったりすると、社員教育ができていないため信用できない業者である可能性が極めて高いため、距離を置いた方が賢明です。
特に、不動産の取引は数千万単位の高額取引となりますので、電話マナーがしっかり出来ていない業者は問題外です。それ以上話を聞く必要はありません。
もし詳しい話を聞くとすれば、最低でも電話対応がしっかり出来ている業者から選択するのが良いでしょう。


身分を偽る悪質な不動産営業に注意!

最近問題になってきているのが、本当は不動産営業なのにもかかわらず、会社名と身分を詐称して営業活動を行っている「なりすまし営業」を行う悪質な業者の存在です。
なりすまし営業を行う不動産業者は、医師や薬剤師などの一般的に高収入と言われている職種の人や、安定した収入が見込める公務員の人にコンタクトを取ろうとしてくるため、医療機関や公的機関に電話を掛けてくるといった特徴があります。
そして、最初に電話を取った受付担当者に対し、医師や出入りの業者などの身分を名乗り、本当は不動産投資営業であることを隠して電話を繋ごうとしてくるといった手口を使ってきます。
このような「なりすまし営業電話」は、ただでさえ忙しい時に通常業務の妨げになるため、まさに百害あって一利なしの電話と言えるでしょう。
医療機関や公的機関にお勤めの場合は、このような営業には十分にご注意ください。

身分を偽り「名刺交換」を促す不動産業者について

駅周辺などの街中や、大きな会場を貸し切って実施されるイベント等で「名刺交換をお願いします」と声をかけ、名刺の電話番号情報をもとに営業電話を掛けてくる不動産業者も増えてきています。
名刺交換の際には、インターンシップの学生やイベント関係者などの身分を偽って近づいてくるため、親切心から名刺を交換し、後から電話が掛かってきた時に発覚するといったケースが多いようです。
実際に、私の友人は数か月前、コミケのイベントで「イベント主催側の関係者を名乗る男性」と名刺交換したら、次の日にすぐ営業電話が掛かってきたと言っていました。
友人は「嘘をついてまで個人情報が欲しいのか?」と大変怒っていましたが、確かに身分を詐称して個人情報を集めるのは良くない事です。
くれぐれも街中やイベント関連の名刺交換の際はお気を付けください。

タイトルとURLをコピーしました