【08005005948】ビジネスフォン関連の営業【0800-500-5948】

電話番号08005005948【0800-500-5948】は、ビジネスフォンの取扱業者からの着信となります。
ここでは、電話番号08005005948の着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【08005005948】からの電話は、ビジネスフォン取扱業者の営業


08005005948【0800-500-5948】の電話番号情報と着信の内容について

業者名
「FTコミュニケーションズ」と名乗る
電話番号
08005005948【0800-500-5948】
着信の内容について
電話機(ビジネスフォン)に関する着信で、電話機と交換機が壊れる可能性があるといった内容。
また、同じ番号から防犯カメラの営業の場合もあり。

ビジネスフォン営業の電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
もし、故意に業者名を隠すなどの特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由に終話して構わないでしょう。


電話機の機種を聞き出す電話が増えています!


最近はビジネスフォンの取扱業者が「電話の部品が生産中止になる」「電話機が壊れるかもしれない」などといった理由で、利用している電話機の機種を聞き出そうとする電話が増えています。のようなセリフを使って営業
仮に電話機が故障した場合、現在リース契約している業者に依頼すれば済む話ですので、突然電話をかけてきた業者に対して機種の情報を教える必要はありません。
そのような電話が掛かってきても「リース契約中の会社に確認します」とだけ伝え、速やかに終話してしまって構わないでしょう。


【結論】ビジネスフォン営業の電話対応方法 まとめ

ビジネスフォン営業の多くは、こちらの使用している電話機の機種や型番等を聞き出そうとしてくるため、回答せず「リース契約中の会社に確認します」と言って終話するのがベターです。
不在着信に入っていた場合は、折り返しは不要です。
今後電話をかけてきてほしくない場合は、再勧誘の禁止について伝えておくと良いでしょう。