【0671660376】電話工事担当を名乗る通信回線の営業【06-7166-0376】

電話番号0671660376【06-7166-0376】は、電話工事担当を名乗る通信回線業者からの着信となります。
今回は、0671660376着信情報と電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0671660376】は、通信回線業者からの営業電話です。


0671660376【06-7166-0376】の電話番号に関する情報

業者名
地区の電話工事担当CLLと名乗る
電話番号
0671660376【06-7166-0376】
着信の内容について
社長など代表者あてに通信回線に関する営業。
「電話の基本料金が不要になる手続きをするため機器の設定に伺いたい」といった内容

電話工事業者を名乗る着信の対応方法について


電話工事業者を名乗る着信があった場合、すぐに電話口で訪問を承諾せず、まずは契約中の通信回線業者の窓口まで連絡し、内容を確認することをお勧めします。
最近は、通信回線業者の工事担当を名乗った電話が増えており、それに伴う望まない回線変更トラブルも多くなっておりますので、後々のトラブルを避けるためにも予め確認しておくことが大切です。
契約中の通信会社の窓口に連絡する際は、名乗っていた企業名と着信した電話番号(業者名を名乗っていない場合は電話番号だけでも可)を伝えて関連性のある企業か調べてもらいましょう。


通信回線業者の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

通信回線業者から営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は代理店なのにもかかわらず「NTTです」「ソフトバンクです」「KDDIです」と名乗るだけで正式な代理店名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


光回線の「工事費無料」と言われた場合は注意が必要

電話の対応法について

もし、アナログ回線を光回線に変える工事が「無料で出来る」と言われた場合は、安易に話に乗らず、ちょっと考えた方が良いかもしれません。
なぜなら、その無料というのは「半年後に○○円キャッシュバックします」などといった「実質無料」である可能性が非常に高く、もしかすると工事費分を回収できない可能性も考えられるためです。
残念ながら電話営業を行う回線業者の中には、キャッシュバック分を支払わない悪質な業者も存在しますので、急に電話をしてきて「工事費用が無料」と言ってくる業者には注意した方が無難です。


「回線の契約が切れている」といった悪質な営業にも注意!


通信回線の営業電話を掛けてくる業者の中には「回線の契約が勝手に解約になっている」などといった消費者に誤解や不安を与える営業文句を使って営業している業者がいるため気を付けて下さい。
自分から解約しない限りは、料金を払い続けているのに勝手に契約が切れることなど有り得ないため、そのようなセリフを使って営業してきたら迷わず電話を切ることをお勧めします。
仮に、その言葉を信用して回線を契約してしまうと、余分な回線を追加契約してしまう事になるため金銭的な損失を被ってしまいます。
くれぐれも、こういった誤解を与える表現を使い、回線の乗換をすすめてくる営業電話には十分に注意しましょう。


【結論】通信回線の乗換は自分で調べた方がお得

通信回線やンターネット回線の乗換営業は、代理店からの連絡が多く、中間マージンのこともあるため実は自分で調べて乗換をした方が様々な特典を受けられてお得な場合が多いです。
突然電話が掛かってきて「電話料金がお安くなります」などと言って誘われますが、詳しい情報がよく分からない状態で比較検討する時間も十分に無い中で話に乗るのはリスクがあるとも言えるでしょう。
もし、興味が無かったり少しでも不安に思う点があれば「必要ありません」とはっきりお断りするのが最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。