【0120623028】ソニー代理店を名乗るネット関連営業【0120-623-028】

電話番号0120623028【0120-623-028】からの着信は、ソニー代理店を名乗るインターネット関連の営業電話となります。
ここでは、0120623028の着信情報と営業電話の対応について詳しくお伝えしていきます。


【0120623028】の電話は、ソニー代理店からのネットサービス営業


0120623028【0120-623-028】電話番号情報と着信の内容について

業者名
ソニーネットワークコミュニケーションズの正規代理店「サポートドア」と名乗る
電話番号
0120623028【0120-623-028】
用件の概要
ソニーのスマートホームサービス「MANOMA」マノマに関する営業

スマートホームサービスとは一体何なのか?

MANOMAをはじめとするスマートホームサービスでは、最先端の技術を駆使して家庭のセキュリティーや暮らしに便利なオートメーション機能などを提供するといった趣旨のもので、外出先でも家の鍵を閉めたり留守番中の子どもを見守るなど、様々な遠隔操作が可能になるようです。
サービスの内容から、鍵の付け替えが自由にできる一戸建てで、かつ家族の多い場合に適していると思われます。


ネット回線業者の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

もし通信回線業者から営業電話が掛かって来たら、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際の決まりが定められており「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないとされています。
そのため、仮に電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていない項目があれば、特商法を遵守した営業活動がされているとは言えません。
例えば、正式な代理店名を名乗っていない場合、特商法第16条が遵守されていないことになりますので、そのような電話であれば法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


回線の「工事費無料」という案内は本当なのか?

電話の対応法について

最近は、回線の営業電話を取ったときに「回線工事が無料で出来る」と案内する営業が増えていますが、そういった営業電話の場合は安易に話に乗らず、ちょっと考えた方が良いかもしれません。
なぜなら、その無料というのは「半年後に○○円キャッシュバックします」などといった「実質無料」である可能性が非常に高く、もしかすると工事費のほうが高くかかって赤字になる可能性も考えられるためです。
m残念ながら電話営業を行う回線業者の中には、キャッシュバック分を支払わない悪質な業者も存在しますので、急に電話をしてきて「工事費用が無料」と言ってくる業者には注意した方が無難です。


インターネット・通信回線に関する営業電話 まとめ

インターネットなど通信回線に関する営業電話が掛かって来た際、業者名を名乗らない場合はその時点で話を切り上げるのがベターです。
電話のマナーが良かった場合は興味があれば話を聞いてみるのも良いかと思われますが、少しでも不安に思っていたり興味がない・必要がないと思った場合は「必要ありません」と早い段階でお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。