ウォーターサーバーはいらない?必要?コスパやメリット・デメリット比較まとめ

最近は「いざという時のために、各家庭で水の備蓄をしよう」という動きがありますが、そんな時ウォーターサーバーの設置は果たして有効なのでしょうか?

ここでは、ウォーターサーバーを設置・導入しようか迷っている時の参考情報として、ウォーターサーバーのコスパ・メリット・デメリットについて、設置しない場合のコスパ・メリット・デメリットと比較してみました。

ウォーターサーバー設置とペットボトルの水とのコスパを比較!

まずはウォーターサーバーを設置した場合と、ウォーターサーバーを設置せずペットボトルの水を買い続けた場合のコスパについて見ていきましょう。

ウォーターサーバー設置・導入に掛かるコスト

ウォーターサーバーを設置・導入したときに掛かる主なコストは、こちらになります。

・本体代金

・お水の料金

・メンテナンス料金

基本的にウォーターサーバーは機械本体を購入するよりも借りる(リース形式)となる場合が多いので、本体代金=リース代金と考えておくと分かりやすいかと思います。

ウォーターサーバーの本体を借りて家やオフィスに設置する場合、当然「中身の水」も必要ですから、水の料金も定期的に掛かります。

また、ウォーターサーバーは設置して御終いと言う訳ではなく、今後も使い続けていくにあたり点検したり、不具合があれば修理する必要が出てくるため、メンテナンス料金というのも必要になってきます。

そのため、ウォーターサーバーで失敗しないためには、これらのコストパフォーマンスをよく考えて判断しなければいけません。

ペットボトルの水を買い続ける場合のコストについて

ウォーターサーバーを設置した場合には、先程挙げた「本体代金」「水の代金」「メンテナンス料金」の3つが掛かるため、それだけを見ると「ペットボトルの水を買い続けた方がコスパが良いのではないか?」と感じますよね。

しかし、実はそう言い切れない部分もあり、場合によってはウォーターサーバーを設置した方がコスパが良いという事もあり得るのです!

なぜなら、ペットボトルの水を買い続ける場合、掛かるコストは「ペットボトルの水の商品代金」だけとは限らないからです。

例えば、スーパー等に買い物に行くならば「買い物に行く時間というコスト」や「ガソリン代などの交通コスト」「歩いて行った場合のエネルギーコスト」等といったものが掛かります。

通販の場合、一定額以上を注文すれば送料無料が適用されることもありますが、そうでない場合は「配送コスト(配送料)」が掛かりますし、「注文してから届くまでの時間(待機時間のコスト)」「不在にした場合の再配達コスト」等というものも掛かってきます。

そのため、お金だけではなく時間や手間もコストになると考えた場合は、ウォーターサーバーを設置した方がコスパが良いという結果に至る可能性もあるという訳です。

ウォーターサーバー設置・導入のメリットについて

1:大量の水を効率良くストックすることができる

2:水を注ぎやすい

2:お湯が好きな時にすぐ飲める

3:ゴミを減らすことができる

ウォーターサーバー設置・導入のデメリットについて

1:水以外のコストが掛かる

2:設置場所の確保が必要

3:契約廃止の際に手間が掛かる

ウォーターサーバー設置・導入しないメリットについて

1:水以外のコストを最小限にすることが可能

2:契約に関する手間が無い

3:場所を取らない

ウォーターサーバー設置・導入しないデメリットについて

2:水を注ぎにくい

1:お湯を沸かす手間が掛かる

2:ゴミが増えやすい

飲めば飲むほど空のペットボトルの本数が増えるため、結果的にゴミの量が増えやすくなってしまう。

3:補充の頻度が高くなる

自分で買いに行く手間や注文するという手間の頻度が、ウォーターサーバーを設置した場合よりも高くなる。

ウォーターサーバーの電話営業からお得に購入できるのか?

ここ数年はウォーターサーバーの電話営業が多く、1週間に2~3回はコンスタントに掛かって来ています。

それらの営業電話の多くは「ウォーターサーバーの本体代金を無料で提供」とのことなので、コストのうち本体代だけは免除される形になりますが、水の代金とメンテナンス料金は免除されず、そのまま掛かるということになります。

確かに、本体代金が掛からないのは魅力的ですが、やはり突然の営業のため「じっくり検討する時間的余裕がない」というデメリットもあり、後になって「こっちのメーカーの方が良かったな」と後悔するリスクも考えられます。

ですので、ウォーターサーバーに興味があるなら、やはり各社のウォーターサーバーの性能やコストなどを十分に比較したうえで検討されることをオススメします。

ウォーターサーバーのコストやメリット・デメリットまとめ

最後に、ウォーターサーバーが必要か、いらないのか判断に迷っている時に使えるコストとメリット・デメリットをまとめると、このようになります。

・ウォーターサーバーのコストは「本体代金」「水の代金」「メンテナンス料金」の主に3つ。

・ウォーターサーバーのメリットは、大容量の水の備蓄ができるほか、お湯もすぐに使えるし、子どもでも簡単に注ぎやすい点。また、頻繁に買い物に出かける必要も無く、ゴミの削減にも繋がる点も挙げられる。

・ウォーターサーバーのデメリットは、メンテナンス料金を含む機械のコストの他、長期的に故障リスクを抱えてしまう点。また、水の代金がペットボトルよりも高くつく場合がある点も挙げられる。

これらの点を考慮に入れながら判断すると、買う・買わないのどちらを選択しても後悔せず、納得した決断ができると思われます。

迷ったときはぜひ思い出してみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました