【0665335156】は、電力料金プランに関する営業電話【06-6533-5156】

電話番号0665335156【06-6533-5156】からの着信は、電力料金プランに関する営業電話となります。
ここでは、上記の電話番号情報をはじめ、一般的な電気料金に関する営業電話の対処法についてご紹介しています。


【0665335156】の電話番号情報と着信の概要について


0665335156【06-6533-5156】の電話番号に関する情報

業者名
関西電力の代理店と名乗るが、正式名称は不明。
電話番号
0665335156【06-6533-5156】
着信の概要
電力料金プランの変更を勧める営業。

大手電力会社の検査・点検を称した電話の対処法は?

電話の対応法について

もし、大手電力会社の名前を名乗った「電力の検査・点検をするので訪問したい」といった電話が掛かって来た場合は、一旦「手が離せないから掛け直します」等といって電話を切り、本当に該当する電力会社からの連絡なのかを確認することをオススメします。
最近は、電力点検を名目として家や会社に訪問し、勝手にメーターを変更して料金を取るといった詐欺が横行しています。
そのような背景もあるため、トラブルを避ける電話の発信元が本当に契約中の大手電力会社であるのか確認作業を行うことが大切です。
もし、仮に電話で確認して「そのような電話を掛けていない」という回答を得た場合は、大手電力からの連絡ではないと分かるためトラブルを未然に防ぐことが可能になります。
面倒かもしれませんが、判断に迷った場合は身を守る防衛策として試してみてください。


電力の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

電力プラン関連の営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
例えば、代理店などの仲介業者が「中国電力です」「四国電力からのご案内です」と名乗り、実際の業者名を名乗っていない場合は、特商法第16条が守られていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないでしょう。



電気メーターの定期点検を装う悪質な電話営業に注意!

悪質な営業電話に関する注意喚起

電力会社を自由に選択できる「電力自由化」が実施されたことに伴い、ここ数年で電力料金プランに関する営業電話の着信も増加してきました。
今や各電力会社が顧客の奪い合いをしている状態で、中には自分たちの取り扱う電力会社のプランに強引に勧誘し、契約させてしまおうという悪質な業者(代理店)も増えているため問題になってきています。
例えば、大手電力会社とは関連性がないのにも関わらず「大手電力会社の名前を使って営業をかけてくる業者」や、「電気メーターの定期点検を装って訪問し、勝手にスマートメーターに変更して料金を取る」といった詐欺まがいの売り方をしている業者も存在しているため注意が必要です。
このような悪質な電力営業に引っかかってしまわないよう、電話を受ける際には十分に注意しておきましょう。


年齢を聞かれた場合はエコキュートの営業かも?

電話の対応法について

電力料金プランに関する営業電話でよくあるエコキュートの導入を勧める営業には、電話口で「○○歳以下の方を対象とした電気料金がお得になるご案内」などというように「年齢に関する文言」が入っているという特徴があります。
多くの場合は69歳~70歳以下を対象といった案内になっており、その理由はエコキュート導入にあたる高額料金(100万円単位)のローンを組ませるためだと考えられます。
エコキュート自体は電力を有効活用できるといったメリットがあり、その分の電気料金がお得になるかもしれません。
しかし、導入するためには大変な金額が掛かるといったデメリットも存在しますので、その両面を見ながら今後のことをよく考えたうえで判断されるのが良いかと思われます。


電力料金プラン営業の電話対応法 まとめ

電力料金プランに関する営業電話は、電力会社の乗換に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
いきなり電話を掛けてきて「電力会社の変更をしませんか?」と誘われても、詳しい情報がよく分からない状態ですし、何より比較検討する十分な時間もない中、話に乗って易々と実施するにはリスクがありすぎる案件です。
ですので、少しでも不安に思った場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。