【08001236478】の電話は、不動産投資営業の着信【0800-123-6478】

電話番号08001236478【0800-123-6478】からの着信は、不動産投資に関する営業電話となります。
ここでは、上記の電話番号情報をはじめ、不動産投資に関する営業電話を受けた場合の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【08001236478】の電話番号情報と着信の概要(目的)について

電話番号の着信情報について

08001236478【0800-123-6478】の電話番号に関する情報

業者名
不明
電話番号
08001236478【0800-123-6478】
着信の概要(目的)について
マンションなど収益不動産の取得を勧める不動産投資営業。
主にマンションなど人に貸すことで収益を得るための投資用不動産を取り扱っている業者で「賃貸経営で収益を上げる事にご興味ありませんか?」といった不動産投資をおすすめする営業のようです。


不動産投資の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

不動産投資の営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容をよく聞いてみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった取り決めがされています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
特商法を遵守していない営業電話と判明した時点で「特商法で定められている項目がお話されていないので、お断りします」と言って切電することをお勧めします。


【2つのパターンの不動産投資】について


不動産投資は、ご存じの通り「不動産を利用して家賃収入を得ること」を目的とした投資方法ですが、これには2つのパターンが存在します。
一方は「一棟」、もう一方は「ワンルーム」の不動産投資です。
「一棟」は戸建てや集合している住宅を一棟全部買い取って貸し出すため、最初の出費はかなり大きいですが、空室が無いよう貸し出すことが出来れば、その見返りとして大きな収益を得ることが可能になっています。
「ワンルーム」は、ワンルームマンションを1室のみを購入する手法で、初期費用は少なくて済むといったメリットがある反面、1室しか所持していないため、それに伴う収益も小さくなってしまうといったデメリットもあります。
こういったように、ワンルーム投資や一棟買い投資には、それぞれあなたにとって、利点や欠点があることが分かると思います。
どのように運用するかは、最初の段階で慎重に精査する必要があるでしょう。


不動産投資の利益の相場はどれくらい?


不労所得を得られると聞けば、たいそうな金額が懐に入ってくることを想像しがちですが、現実的には、マンションなどの経営で得られる収益はその想像をかなり下回ります。
例を出すと、都心で築年数が浅い利回りが9%で、3,000万円の物件では、年間での満室と考えた家賃は270万円ほどと言われています。
そこから、借入の返済やリフォーム代金などを差し引けば、収益として手元に残る金額は、期待していた金額を下回ってしまうことは、優に想像できると思います。
もし不動産投資に興味がある場合は、入ってくるお金だけではなく出ていくお金のことも十分に考慮に入れてから実際に運用するかどうかを決めるのがオススメです。


悪質な不動産投資業者による「なりすまし営業電話」について


電話で不動産投資営業を行っている業者の中には、自分の会社名や身分を詐称してコンタクトを取ろうとする「なりすまし営業」を行う悪質な業者も存在しており、それが迷惑行為として問題になってきています。
なりすまし営業を行う不動産投資業者は、一般的に高収入とされる医師や薬剤師などの職種や、収入が安定している公務員などにターゲットを絞って電話を掛けてくるといった特徴があります。
そのため、病院などの医療機関や役所・官庁などの公的機関に電話が掛かってくるケースが非常に多くなっています。
また、最近は放送局の受信料を請求する業者になりすまして電話をかけ、話を聞いてもらおうとする不動産投資業者も出てきたようです。
このような「なりすまし業者」には十分に注意しておきましょう。


不動産投資営業の電話対応方法 まとめ

消費者には、営業電話に対し「勧誘を受けるか断るかを自由に判断できる権利」があります。
不動産投資に興味がある場合は良いのですが、仮に不動産投資に興味がない場合は電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
そのため、興味がなければ「興味がありません」とはっきりお断りするのが最も良い方法となります。
もし、断るのが苦手な場合は、ナンバーディスプレイを導入するなどして着信履歴を確認し、番号を調べたうえでコールバックしないという選択肢を取るのが良いでしょう。


【関連】不動産投資に関する営業電話の類似事例について

今回と同様のケースについては、以下の記事でも詳しくご紹介しております。
【08008882391】の電話は、不動産投資営業の着信【0800-888-2391】
電話番号08008882391【0800-888-2391】からの着信は、不動産投資に関する営業電話となります。 ここでは、上記の電話番号情報をはじめ、不動産投資に関する営業電話を受けた場合の対応方法について詳しくお伝えしていきます。 ...
今後の電話対応の際に、知識としてお役立て頂けると幸いです。